無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 06月 ( 45 )   > この月の画像一覧

北朝鮮対日本


日本の勝利を、W杯出場を決めた大一番を、こんなところでインターネットで結果を追うなんて、あまりに寂しくて申し訳ない気もするけれど、とにかく嬉しいです。
おめでとう。
1年後のこの時期はみんなドイツだね。楽しみだね。
今日は日本はお祭りですかね。

-------

ちょっと!マコを蹴っ飛ばしたの誰よ!
レッドじゃ足りないわよ!
マコは大丈夫なのかしら?

-------

おお、大黒決めてくれたよ!偉い!素晴らしい!
後半40分過ぎても攻めた日本も立派だ!

--------

やったぁぁ日本得点だよー!!!
しかも柳沢のボレーだって!万馬券並み…(←仮にもFWなのになんて失礼な言い草…)
でも大黒結構頑張ってるっぽくない?
隆行のお株を奪うようなポストプレーをしているな印象を受けるんですが(映像見てないので分かりませんが)

-------

なんでこんなタイミングで大黒と隆行を換えたんでしょうか。
まあ大黒を使ってほしいと思っていたので出番は早いに越したことはないですが、満男、隆行、柳沢の鹿三角はどうなったんだ。
機能してなかったのか。

-------

押してるのか?押されてるのか?なんかどっちも攻めてて面白そうな展開ではあるが…

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-08 20:20 | sports

卒論は


部屋でも図書館でもできるけど、今はresource roomに来るようにしている。
理由は、友人に会えるから。

友人に会いたい理由は、「みんなの卒論の状況を知ることができる」というのもあるが何より、「そうでもしないと英語を話す機会がないから」。

はっきり言ってresource roomにいてもそれほどはかどらないでつ。
だけど英語が話せなくなることはもっと怖い。

さて昨日ラップトップに向かう私の前に、学会か何かの資料を何冊もバインドしているいかにもラテン系のお兄さんというかおじさんがいた。

カナリアイエロー("セレソーン"←ジーコ風)のシャツを着てたので「ブラジルの方ですか?」と聞くと、「ううん、ギリシャだよ」。
どうもそのシャツは1998フランスW杯でブラジルが惜しくも準優勝だったときのおみやげ?らしい。

その後「あなたは何のコース?」とかいう話になって、「あなたはPhD?」と聞いたら
「ううん、レクチャラーだよ」

ははー、し、失礼しました!日本だったら考えられない失態。
役員さんに「部長さんですか?」って聞いちゃった感じ?

「あ、あの、まさかレクチャラーが自ら資料をバインドしたりするなんて思ってなかったので…ごめんなさい…」と謝ると、「まあいいエクササイズだからね」だって。

今日ビジネススクールの講師の写真が飾ってあるボードを見たら、ばっちりDr. Vasilis Zeros、と人の良さそうな彼の顔があった。

Vasilis:「あなたはどこの出身?」
オカナツ:「日本です」
Vasilis:「僕この秋日本に行くんだよ!学会で」
オカナツ:「へえーどちらへ?」
Vasilis:「フクオカ。Space industry(宇宙産業)関連の学会なんだけどね、フクオカってそういう産業で有名なの?」

…知らない。(Kanaさーん、華さーん、どうですか?)

種子島っていうところにロケットの基地があって、そこと福岡が近いのでたぶん福岡なんじゃないかなぁ、って言っておきました。
(なんか最近こんなんばっか…)

まあれっきとしたドクターの方に学生?なんて聞いちゃう失態をやらかしつつ、こんな一期一会もあったりしてresource roomも悪くないです。
ちなみに今日もチャーリーとダニエル(ベネズエラ人だった)とフレンチくんは何やら相談してます。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-07 23:53 | 留学

欧州憲法


BBCを聞いていると、欧州憲法(EU constitution)のことで持ちきりです。
欧州にいるくせに、そんな国民投票(referendum)をやってるんだなーくらいにしか受け止めていなかったところへ母上から「フランスでは否決されたがイギリスはどうなんだ」とメールが来て慌ててニュースを読んだり聞いたりしている次第。
誠に恥ずかしいかぎり。

金曜日Guilhemと飲みに行っても、昨日フレンチくんと喋った時もやはり欧州憲法の採択の話になる。

みんな若いけどもちろん自分なりの意見を持っていて、政治への関心の高さをうかがわせる。
言わずもがなであるが政治はビジネスとは切っても切り離せないものであり、EU加盟国が増えること、通貨ユーロ採用国が増えること、欧州憲法が採択されるか否か、なんていうのはある意味関心とか興味とかその程度ではすまないくらいの重要性を持っているのだろう。

翻って日本はどうか。
靖国問題・教科書問題・竹島・尖閣諸島・拉致問題…
諸外国との関係を鑑みなければならないことは山積だが、独断でも日本という国が成り立たなくなることはない(今後中国は無視できなくなると思いますが、現状では)。
実際、若干独断専行しているときもあるように思うし…

結局今の国会の議題が郵政民営化で占められているあたり、日本という国の姿勢や位置づけが見て取れるような気がする。
私はこの空気が政治への無関心さを生んでいるような気がしてならないんです。

総理大臣が靖国に参拝しようがしまいが、郵政が民営化されようがされまいが、私たちは今日も明日もおいしい食事をとることはできるし、ポストに投函すれば手紙は届く(と思っている人がいる)。

現実に目を向ければ、靖国や教科書の問題で、中国で展開している企業は少なからず影響を受けているはずだし、郵政が民営化されることで失業が生まれたり、サービスが改善されたりあるいは改悪になったり、本当は関係ないで済まされる問題ではないことは容易に予想できる。

昨日もこちらの日本人の友人幹部さんと話して、彼の専攻はビジネスでも経済でも政治でもないけれど、やはりこの欧州憲法についてや日本の政治問題についての関心が高く、つまり意識が高く、話をしていて非常に楽しかった。

それにつけても日本人のおめでたさが心配で心配でなりません。
もちろん日本人全員を指しているわけではありませんが、日本の現状や置かれている立場を考えることなく、豊かさだけを当たり前のように享受している人間が存在していることが誠に腹立たしいし恥ずかしい、と、フランス人のマジメで優秀な若者と話すにつけ感じるのです。
(きっとフランスにだってイギリスにだってそうやって義務を履行することなく権利だけを追求する人、たくさんいるんでしょうけどね…)

追記:金曜日Guilhemと話していた時にドミニク・ドビルパンの話になったのは、まさにこの欧州憲法の話をしていたからでした。
国民投票で欧州憲法の採択が否決されたことにより首相が辞任し、新首相に任命されたのがドビルパン(厳密に言えばド・ビルパンが正しい)だよ、と教えてくれたのでした。
彼は"古い欧州"のヒーローで、米国に"Non!"と言った外相時代の彼の姿をかっこいいと思っていた日本人は少なくないはず。(日本人がそれをできないだけに)
私もそうだったのに、彼が首相になったことを知らなかった…
才媛ちゃんも幹部さんも知っていたので、日本人だから、というような言い訳が通用するはずもなく自分の意識の低さを恥じ入るばかりです。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-07 20:40 | news

さよなら、勝ち犬ちゃん


2nd termからうちのフラットに来てたマレーシアの勝ち犬ちゃんが今日このフラットを出る。
3週間ご主人と欧州をぐるっと周ったあと、マレーシアに帰国するらしい。
彼女と一緒だった期間は実質4ヶ月で長くはなかったけど、なんかもっと長い時間いたような気がするよ。
言わば一つ屋根の下だったわけだし…

でもなんか彼女とはまた会う機会がある気がする。
旅を楽しんでね&気をつけて帰ってね。きっとまた会いましょう。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-07 17:47 | 留学

エクササイズ


家族ネタです。
本日母上とメールしていたときのこと。

オカナツ:「今毎日腹筋とかスクワットとかやってるんだけど全然痩せないんだよねー。」

母:「四股踏めば?やせるらしいよ」←即答

オカナツ:「は?」

母:「テレビで萩原流行さんが言ってた。」

オカナツ:「でも私が四股踏むとしゃれにならないんだけど…」

母:「大丈夫。誰も見てない。あとね、細かい前後の動きがいいんだって。だから盆踊り踊りなさい。」

オカナツ:「…あのさ、一人で部屋で四股踏んで盆踊り踊るいい歳した女についてどう思う?」

母:「うちも60男(父)と50女(母)でやってるよ。」

オカナツ:心の声(あんたたち夫婦揃って四股踏んでるんかい!)

母:「お父さんそれで筋肉痛になったって」

オカナツ:心の声(筋肉痛になるほど四股踏むな!)

痩せたいと言っている娘に四股と盆踊りを薦める母が大好きだ。
そんなわけで私、明日から不知火型で土俵入りです。せり上がりまっせ~。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-07 07:25 | お笑い

珠玉のレッズさん情報


しばらくレッズさん情報の更新を怠っておりましたが、テスト期間中も、終わってからも、日本のフットボール事情を定期的に送っていただいておりました。
私のメーラーに眠らせておくのはもったいないのでここで一気に大公開したいと思います。

06.06.05
ところで、エメがブラジルに帰りました。
体調のよくない奥様の見舞いだそうです。
それは仕方ないですが、ちゃんと予定通り帰ってきてもらわないと。
ようやく調子が戻ってきたところなので。

明日は、ユベントスとFC東京です。またまったりしているのかな。
ちなみに、ロナウジーニョがこれなくなったバルサ戦、埼玉方面ではプレゼントがあるそうです。

これはロナウジーニョ(別名:亀戸のおばちゃん)からプレゼントってことかしら?
--------------------
05.06.06俊哉の移籍

俊哉が名古屋に移籍しましたね。

まず土曜日に報知が、俊哉の名古屋行きを報道しました。
その日、名古屋のほうが移籍金が高くとも浦和行きと報道していた日刊スポーツが日曜日にころっと、名古屋行きに寝返った!!
結局、金のあるトヨタには勝てなかったということのようです。

それにしても、「俊哉は東京方面に行きたかったのに、チームが移籍金が一番高かった名古屋か残留を迫った。」
という報道があったりして、これからのことを考えるとこのような報道は非常にかわいそうだなと思います。

名古屋は、中盤には中村とか本田(U-20代表)とか中盤には生え抜きのいい選手がいます。
FWを外国人に頼りきっていたので、建て直しが課題のようです。

-----------------
01.06.06Fマリ対ユーべ

1日のFマリ対ユーべの試合に家族で行ってまいりました。
とてもとてもまったりしていました。
そんなに見せ場はなかったです。
そんな中ネドベドは熱かったです。
えてしてこういう試合は、1.5軍ぐらいの選手が一番がんばるのですが、今回はファンサービスもあって、ほとんどレギュラーで最後まで行きましたので、最後までまったりしていました。

7日のFC東京戦も同様の展開が予想されます。

我が家で驚きの声があがったのは、表彰式とやらに杉田かおるが出てきたことと、デルピエロに気前よく車を一台プレゼントする日産自動車の太っ腹ぶりでした。
(三菱自動車では決してできない)

参考:Fマリ情報
・マリギャルはなぜか少なかった。
・松田がいたので驚きました。代表に選ばれなかったのですね。
・久保はまだ4割ぐらいの仕上がりです。彼が代表に復帰できないのは痛いですね。
・山瀬が倒れるたびにケガを心配しています

----------------------
22.05.05FA Cup決勝

残念ながらベンゲルのインタビューは見ていません。
彼はラニエリと違って英語はうまいですが、確かに聞き取りにくいですね。
でも私はGood Job!とか連発していたラニエリは好きです。

ルーニーとクリスチャーノ・ロナウドは、こいつらは化け物かと思いました。
(確かに、ビエラとロイキーンの昔の化け物対決もすごかったですが)
ルーニーは一体どこまで伸びしろがあるのでしょう?今のレベルもすごいですが、まだまだ(彼女に絞られなければ)いけそうです。
クリスチャーノ・ロナウドは、左サイドをやっていましたが、ドリブルは信じられない速さかつ切れでした。
右にフィーゴで左にクリスチャーノ・ロナウドだったら無敵ですね。
レッズもって、これ以上ドリブラーが増えても、もうドリブルするスペースがない!
(ポルトガルも無敵じゃない!)

最後退場になってしまいましたが、レジェスみたいなやんちゃを絵に描いた選手も好きです。
アーセナルもアンリ抜きでよく戦い抜いたと思います。

------------------
14.04.05磐田不調

浦和と磐田が勝てません
今週号のサッカーマガジンで、調子の悪いこの2チームの特集が載っていましたが、水曜日も勝てませんでした。
どちらも得点力不足で浦和のFWで点を取ったのが岡野だけ、磐田はロバートしか点を取っていません。
(福西の点はあえて含めない)
浦和は、1試合(3点取られた)を除きコンスタントに1点ずつ取られていますが、磐田はもっとあやしくて、昨日は千葉にチンチンにやられた挙句、茶野が退場と散々なできでした。
浦和は、週末は大の苦手の対FCなので、また頭を抱えています。

こんな状況で鹿島が1位なのは信じられません。
開幕戦はさっぱりだったのに。いつのまにかよくなってきているようです。

ところで、トヨタカップ改め世界クラブ選手権は12月に開催なのに、もうチケットの先行発売が始まっています。
決勝戦なんかはそれなりに売れているみたいです。


---------------
30.03.05バーレーン戦(ホーム)

バーレーンの選手が間違ってゴールにクリアして勝ちました。
前に中澤がいたので前に蹴るわけにはいかなかったので、うしろにクリアしようとして、見事なゴールでした。
テレビで見ていた我々も唖然としましたが、埼スタの皆さんはもっと唖然としたことでしょう。
ジーコ監督は本当に強運ですね。

全体的には、前半はゴールが遠い感じで、後半はゴールには近づいたものの、バーレーンも守備がよくなかなかシュートまで持ち込めないという感じでした。

今日は、カウンターへの対応はよくできていて、危ない場面はほとんどなかったので、守備はよかったです。
3バックのほうが合っているのでしょうか?
福西もヒデと組んでいるせいか、今日は慎重でした。
今日は相手の右サイドが余りよくなかったらしく、後半はアレックスがよくするするとあがっていました。(大半はあがっているだけでしたが)

ヒデと俊輔は、これまたまあまあよかったとあまりよくなかったとわかれそうです。
二人ともボールを長く持ちすぎのきらいがありました。(いいときはキープと言う)
特に俊輔はセットプレーをほとんど蹴っていましたが、壁によく当たり、あまりよかったとはいえないと思います。

タカはまあまあでしたが、バーレーンのDFも強かったです。
隆行はファールをもらったり、相手にカードを出させたりの課せられた役目があまりできていませんでした。(惜しいシュートはありましたが)

北朝鮮は、負けたことと審判への不満で観客が暴徒化したそうです。
あの偉大なる将軍様のお国でもそんなことになるとは非常に驚きです。日本が行ったときが非常に心配です。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-06 22:19 | sports

ローマ


にまもなく出かけるのだが(おそらくこれがこちらでする最後の旅になりそうだ)、前回行ったときに見られなかった「最後の晩餐」をぜひ見ようと、ガイドブックを繰っていた…

が見つからない。

銀貨30枚で師を売ってしまった背信の使徒ユダの表情が見たいのに…
なんでなんでなんで?と思ってハタと気づいた…

「最後の晩餐」があるのはミラノだよ!!!
私ってほんとアホ!

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-06 19:24 | travel

俊哉


俊哉、名古屋移籍だそうですよ。
名古屋の布陣をよく知らないので何とも言えませんが…

なんか名古屋一時期の神戸みたいになって来てるなぁ…(往年のビッグネームを集める)

--------------------------

俊哉が名古屋に移籍しましたね。

まず土曜日に報知が、俊哉の名古屋行きを報道しました。
その日、名古屋のほうが移籍金が高くとも浦和行きと報道していた日刊スポーツが日曜日にころっと、名古屋行きに寝返った!!
結局、金のあるトヨタには勝てなかったということのようです。

それにしても、「俊哉は東京方面に行きたかったのに、チームが移籍金が一番高かった名古屋か残留を迫った。」
という報道があったりして、これからのことを考えるとこのような報道は非常にかわいそうだなと思います。

名古屋は、中盤には中村とか本田(U-20代表)とか中盤には生え抜きのいい選手がいます。
FWを外国人に頼りきっていたので、建て直しが課題のようです。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-05 19:25 | sports

昨日メインキャンパスで


ゲットしてきた写真。
a0016617_16213962.jpg

警戒心が強くて、写真を撮るのはなかなかに大変でした。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-05 16:22 | 留学

フランス人よ!


金曜日が卒論のproposalの提出日だったので3日ぶりくらいに学校に行きました。
resource roomでザビア(パキスタン人)、フレンチくん、イギリス人(名前知らないのでサボリくん。彼はプレゼン私たちと同じグループだったがバックれたので。だって名前覚えられないくらい来なかったんだよ…)と4人で話していたときのこと。

フレンチ:「ねえ日本ってサムライってもういないの?」
オカナツ:「いないよ!!!!」」
ザビア:「(爆笑!!!)」
サボリ:「え?いないんだ?」

オカナツ:「いないよーーーもう真剣を持つことは禁止されてるんだよ。(ってそういう理由でいないわけじゃないけど)」

フレンチ:「超ガッカリ」←お前は何を期待していたんだ!

サボリ:「ねえサムライって種族なの?」

オカナツ:「ちゃうわー!!!クラス(階級)です。昔は士農工商ってあって、侍が一番偉いとされてたの。侍の家に生まれたら子どもも侍、農家の子は農家を継ぐ、ってなっていたんだよ」

フレンチ:「じゃさ、ニンジャは?」

ザビア:「え?ニンジャも日本なの?」

オカナツ:「そうだけど…なんで忍者知ってるの?」

ザビア:「だってニンジャタートルズ見たもん」

オカナツ:「なるほどねぇ…忍者はねーまあスパイみたいなもんかな…。
侍の部下でねぇ、偵察するの…(このへん小声。忍者の位置づけいまいち不明)」

フレンチ:「もういないの?」

オカナツ:「いません!」

フレンチ:「サムライの剣とか習うことはできるの?」

オカナツ:「(一応剣道とかあるしな…)フェンシングってあるじゃない?ああいうふうにスポーツみたいに練習することはできるよ。」(剣道はスポーツではないがな…)

フレンチ:「オカナツの家はサムライ?」

オカナツ:「もうクラスシステムはないもん。でもたぶんもともとは農家だったと思うよ」

フレンチ:「超ガッカリ」←私にどうしろと?

腰にあんな野蛮なものぶら下げてるような人がまだいるような国がねぇ、世界第2位の経済大国になれるとお思いか?
大変だよ、ラストサムライとか時代考証の分かってない人間に見せないでくれよ…(と言うか、一番分かっていない私)

どうでもいいですが、フレンチくんに"Where are you from?"と聞かれたザビアをさえぎってサボリが"She is fuckin' Paki."と言ったところ、ザビアも"Yeah, I'm fuckin Paki."と言ったのがノリがよくてとてもチャーミングだった。(ファッキンパッキーって語呂もよいって誉めていいような言葉ではないんだが)

------------

フランス人第2弾は最近話題沸騰中(してないか?)のGuilhemくんです。
Guilhemから「金曜日飲みに行こうよ!」って電話が来たのが水曜。
「いいよー」と返事しかしておらず、あと誰が来るんだろう、と思っていたら、

サシ

だった。
おいらに何を話せと…日本語だったらいろいろ話しできるんだけどな…

でもまあ色々、私がフランスに対して感じていたこと、日本はイラクに自衛隊を送っているけどアレは日本人の総意ではないとか、ドミニク・ドビルパンを知ってるか、とか(知らいでか、という感じなのだが)、フランス人はマリーアントワネットに対してどう思っているのかとか、歴史が国民性に影響を与えているだろうか(歴史が国民性を形成する要素になりうるだろうか)、とか、今思えばようそんなこと英語で話せたな、ということを結構話していた。

と言うか、むしろ酒の力を借りた方が話せるのかもしれん。

それから面白かったのが、フランス人はもう少しいい加減な人種かと思ってたけど全然そんなことなかった(ちゃんとGuilhemにごめんね失礼なこと言って、って詫び入れてます)、それに引き換えイギリス人はもっとちゃんとしてるかと思ったけど意外と適当だった、と言ったら、「僕もそう思った」と言ってました。

「全然オーガナイズされてないねー」

だって。ギャハハ。そのとおりだ。

でもフレンチくんもそうだけどこのGuilhemもめっさマジメですよ。
英語はもちろん私よりはるかに上手なんだけど、やっぱりコンプレックスを感じているらしくて、英語に触れる機会を増やすために土日バイトしているらしい。
私なんか「英語の上達?もうむりぽー(すっかり2ch風)」ってあっさりさじ投げてるのに、彼の向上心はすごいよ。
しかも英語がものになったら次はドイツ語勉強したいと言ってるんですよ。

Guilhemは既にスペイン語もできるのに、ですよ!

ぐわぁ~。偉い。偉いよ、君は。
お肌のお手入れどうやってしてるの?なんて聞かなくてよかった…。

まあかれこれ3時間、オカナツは頑張りました。
Guilhemくんもよくお付き合いくださったよ。
メルシーボクゥ。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-05 04:14 | 留学