無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 06月 ( 45 )   > この月の画像一覧

ROMAから


戻ってまいりました。
いや、暑いね、ROMAはね!
ジェラート食べまくり。
危ない目に遭うこともなく、新Popeも見られたし、青の洞窟にも入れたし、なかなか楽しい旅行になりました。
そう、それからイタリア人はみなかっこよいよ!
行きのRyanairのFA、Robertoにめろめろにされたオカナツではありました。

あ、あと、Euro Sportsが見られたので、日本代表のW杯予選の得点シーン見ちゃったー!!!
柳沢のボレーは"キター!!!"って感じでしたな、突っ込んできたからね。
大黒のあれは、オフサイドぎりぎりっぽかったけど、とにかくラインの裏をかく飛び出しは大久保みたいだなーと思いました。

それからコンフェデのドイツ対オーストラリアのダイジェストも見ました。
TVをつけた時前半30分過ぎでしたが既に2-2で、オーストラリア相手にそんな時間帯で既に2点も取られているドイツ、何やってるんだ、って感じ。
まあ最終的に4-3で勝ちましたけど、大丈夫か。

でもバラックはいい選手だと思いました。
体はでかいのに、ボール持ってから前向くスピードが速い速い。
今カーンではなくバラックがキャプテンなんだね。

なんだか旅行の感想なのか、テレビの感想なのかわからなくなってしまいました、すみまへん。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-17 06:39 | travel

本日から


しばらくローマです。6年ぶりのイタリアだー。
イタリア語大好きなので楽しみです。

ヨハネ・パウロ2世が亡くなってしばらく経ったバチカン、システィナ礼拝堂に行きたいと思っています。
帰ってきたらまた更新しますー。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-12 16:32 | travel

音楽には力がある


<大阪のピアノマン>あいりんで路上演奏 音楽家として再起

去年の冬プラハで教会音楽を聴いたとき、涙が溢れて止まらなかった覚えがあります。
悲しかったわけでも、寂しかったわけでも、おなかがすいていたわけでもない、でも暖かい部屋で、柔らかい光に包まれて聴くバロックの音が、涙腺を刺激して止まなかった。

音楽には力がある。

バッハの音楽を一流のコンサートホールで聴こうと、プラハの教会で聴こうと、あいりん地区で聴こうと、バッハはバッハだ。
私がどれだけ醜い人間でも、貧しくても、いい服を着てても、同じように私に語りかける。

この記事を読んで、音楽の持つパワーは普遍なんだな、という考えをあらためて強くした次第です。
彼の奏でる「G線上のアリア」や「主よ人の望みよ喜びよ」は誰にどのように語りかけるのか。
聴いてみたいなぁ。
(しかもバッハ30曲で2000円って安いよね…面白いと思ったのは教会音楽をお寺でやるところ。)

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-11 17:39 | concert/musik

二子山部屋(もしくは花田家)の騒動


この騒動についてはワイドショーや雑誌などに触れることができない私などより日本にいらっしゃる皆さんの方が詳しいでしょうし、夫婦喧嘩と同じく家庭内のことは当事者にしかわからないのでどっちかに肩入れするつもりは毛頭ないですが、

貴乃花親方のあの髪型はどうしちゃったんでしょう?

ヴァレンティーノ・ロッシの髪型がふわふわアイマールみたいになっていたのを知った時以来の衝撃です。

私は一貫して曙のファンでしたので、どうしても曙がヒールにならざるを得ない若貴フィーバーには猛烈に反発しており、当時の二子山部屋の飛ぶ鳥を落とすような勢いについてははっきり言って苦々しく思っておりました。

しかし曙が引退し、曙ファンというフィルターを通さずに貴乃花を見た時、やはり彼は角界を代表する大横綱だと遅まきながら思うのでした。
彼は求道者、孤高というイメージが常に付きまとうストイックなアスリートであり、イチローや中田に通じるところがあるのかな、と個人的には感じています。
尊敬・畏敬の念は抱かれても、どちらかというと親しみがもてない(にくい)と言うか…

その大横綱にも引退の日が訪れます。
引退の記者会見の時の吹っ切れたようなほっとしたような、頬を紅潮させた少年のような笑顔が印象的でした。

「貴関がいたからこそ自分があった、お疲れ様でした」、と言う曙のインタビューを見て、ああ、曙もその好敵手であった貴乃花も引退してしまったんだな、寂しいな、と涙したのです。

妙な整体師にはまったとか、おかしな薬を使っているのでは、とか、黙して語らぬ彼ゆえのうわさはつきまといましたが、そういうこともすべて今日で終わりだ、という安堵の笑みを見て、「ああ、貴乃花、二子山、許す」と思ったのです。(←ってか何さま)

引退記者会見のスポーツ新聞は何紙か買いました。
私にはない、求道者、ストイックな部分を見習おうと、つらいことがあったり怠け心が起きたらこの新聞を読もう、って保存してました。

さてこの騒動。
神の領域を目指していた彼は引退して安堵の笑みを浮かべて、人間の世界に戻ってきたんだ、と私は思っていたんだがなぁ。
若との確執はあまりに彼がストイックすぎるがゆえのもので、引退して彼が人間の世界に戻れば、自然解消されるものだと思っていた。
…残念ながら、どうも事態はそんな単純なことではなさそうだ。

今は、大横綱・貴乃花の、晩節を汚すようなことがないように祈るのみです。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-11 06:43 | sports

北朝鮮戦 レッズさんレポート


1点目のゴール、柳沢はコースを狙ってボレーしていた(とおもう)ので、見直しました。
ただ、彼は2001年に絶好調だったので、その二の舞にならないことを祈っています。

誠が蹴られた場面ですが、彼が転がされて上がった足を下ろしたら、北朝鮮の選手の頭に当たって、北朝鮮の選手が怒ったものです。
誠はわざとではなかったと思いますが、下手をすると黄色or赤だったかもしれません


柳沢のゴールシーン見たいなぁ…
FW得点力不足とか色々言われてるけど、玉田・大黒・隆行・高原・ドラゴンに大久保までいますから、人数はいるんですよね…
今回結局大久保コンフェデにも呼ばれなかったみたいですけど。

レッドの件は、北朝鮮の人も怒るかも、それは…というか、もう結構投げやりになっていたところに頭に蹴りいれられたのでムカってきちゃったんでしょうね。
北朝鮮というチームの経験のなさと未熟さが露呈した、みたいなコラムを読みましたけど。

ウケたのが中澤のコメントで、「マコさんを助けに行かなきゃ、と思ったら返り討ちにあった」だって。

レッズさん毎度のことながらありがとうございました。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-10 23:41 | sports

胃薬


ここ1週間毎日2,3袋胃薬を飲んでいる。
昔から胃の調子が悪くなることはよくあって、だいたいストレスによるものなんだけど、今は特にストレス感じてはいないはずなんだがなぁ…?
日本から山ほど胃薬持ってきていて、どんだけ胃ィ悪くすんねん、という感じだったがこの調子だと消費してしまいそうだ。
でもそれ以外は元気です。

------------

テストが終わってから日本の人と連絡を取ることが多くなったので、朝はできるだけ早く、日本人の働いている時間帯になるべく合うように起きるようにしている。
昨日は日本で働くアメリカ人2人と(おそらく電話会議でその同僚の日本人2人が隣で聞いてた)電話で話したわけだが"May ~ ?"と聞かれたのにはちょっと驚いた。(聞いたのはたぶん日本人)

と言うのは、
「イギリスでは"May ~ ?"は使わないですから!」
とこっちに来てすぐ入った語学学校で複数の先生に言われていたんですね。
こっち来た当初は私もポロっと出ちゃってたんだけど、そのたんびに「はい、使わない!」みたいに指摘する先生もいたし。
それからと言うもの自分の中では"May禁止"みたいになっていたので、ものすごく久しぶりに聞いたんですね、確かにこっちで使う人見たこと(聞いたこと)ないし。

なんか、堅苦しくて、"May ~ ?"と聞かれると、"Why not?"とか、"Of course you can."(ここでもmayは私の中では使えない)とか答えたくなる。
英語大してうまくなってないけど、三つ子の魂百までと言うか、教わったことは意外と染み付いているもんだなぁ、と思ったのでした。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-10 12:14 | 留学

フットボールの


ことしか書いてませんでしたが、最近またよくフレンチくんとソルボンヌちゃんに遊んでもらっております。

で、今日はWollaton Parkというそれはそれは広大な公園に連れて行ってもらったのですが、まあその写真等は別途。

2人に会って開口一番「今日は気分がいいよー。だって日本が!昨日予選で勝って!W杯出場を決めたのよ!世界で一番に最初にW杯出場を決めたんだよ!!」と言ったら、2人とも

「ふ~ん。それはよかったね」

と非常につれない…聞けば2人ともフットボールにあまり興味がないらしい…。
ジダンという世界の至宝を抱える国ながら(もう代表からは引退したけど)、「フランスが勝とうが負けようが興味ない」とまで言っておりました…
ヨーロッパの人は基本的にフットボール大好きなんだと思っていたが…
そう言えばGuilhemもあまり見ない、って言ってました。
意外だわ。

--------

おとといフレンチくんと喋っていたとき、またまた非常にPoliticalな話しになって、日中問題はどうなんだ、なんで神社に行くんだ、教科書を書き換えるってなんだ、とか聞かれました。
その部屋には中国人と思しき人もいましたのでちょっと怖かったですが、「私の意見だから!」と前置きして色々見解を述べました。

「日本人は誇り高い人種だから謝らないんだよ」ってソルボンヌちゃんは言っていたらしく、それはいろんな意味でちょいと心外だぜ、と思いましたが、他の人にもそのように受け止められているんでしょうかねぇ?

フレンチくんにとっては、日本は戦争に負けたけどEmperorが変わらなかったことがすごく意外だったみたいで、「だから禍根を残してるんじゃないか」と言ってました。
つまり、ドイツは悪いのは明らかにヒトラーで、でも彼は最後自殺したので、ドイツは全部彼のせいにできたけど、日本は戦後も天皇制が残ってしかも同じ人が皇位に就いたままだったので戦争責任を取ったとみなされないんじゃないか、というわけです。

しかし天皇を生かす権利も殺す権利も当時の日本人にはなかった。
「天皇を戦犯として裁かない」ことを決めたのはGHQです。(私はここで、裁くべきであったとか、天皇に戦争責任があるとか言いたいのではありません。あくまでも事実だけを述べています)
戦争裁判はあったし(この裁判こそ大きな禍根を残していると私は思っていますが)そうやって開戦を決めた当時の首相等はA級戦犯として裁かれている。
自殺したか死刑になったかの違いで、ヒトラーと事情は大して変わらないと思うけど?
と反論してみましたが。うーんって感じだったね。

さてそのあとまたもや欧州憲法の話になって、なんで否決よ?と聞いたらやっぱり欧州が急拡大することを懸念しているみたい。
特に去年加わった10カ国についてはあまりに短兵急だったみたいで、経常赤字を抱えてるような国を入れるとそれだけ大きな国(英国・フランス・ドイツなど)の負担が増えるから困る、と言ってました。

そして焦点はトルコ。

トルコはEUに入りたがっているらしいけど、やはり欧州の人は入って欲しくないらしい。
フレンチくんの一言が如実に物語っています。

「だってトルコはヨーロッパじゃないもの!」

え、違うの…だってUEFAにだって入ってるじゃん…(まあカザフも入っちゃってますが)
以前バハレーン出身のWaleedが、「トルコはアラブではない」と言っていたので、トルコって本当に難しいポジションなんだな。
NATOには入っているけどそれはたぶんアメリカの思惑によるもので、イラクやシリアと国境を接している、というロケーションが重要だったのだろう。

しかもトルコはまだまだ貧しいし、教育なども十分じゃないし、政治的にも安定していると言えないし…などなど色々挙げていました。

トルコはヨーロッパじゃないのか…

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-10 02:36 | 留学

未だ


興奮さめやらず、成田での会見の様子などを読んでは目頭を熱くしている私でありますが、昨日はあちこちで予選が行われまして、クレスポ、リケルメ、ラウル、バラック、パウレタ、ファンニステルロイ、ロケ・サンタクルスなんていうニュースを見ると、もうわくわくしてたまりません。
ああまたこの季節が来たのか、と思う。
1年後の今ごろなんか私ドーパミンの出すぎで死んでしまうんじゃないだろうか。

闘将ロイ・キーンの写真も見ましたが、ユーロ2004に出られない、という大失態をしたアイルランドよ、今回はちゃんと出場してね。
(昨日の試合、ラブリーロビーは出ませんでしたが)

スペインは…出られるのか?

話は変わりますが、試合後、宿舎に戻るバスの中で静かに本を読む中田ヒデの写真を見て、この人って本当に変わってるなぁ…と思いました。
あそこまでドライに気持ちを切り替えることができる人も珍しい…

-----------

大変だ、11日はもうドイツに向けて出発なんですね…
ぐっすり眠ってお洗濯したら終わりだね…
よし、切り替えていこう、私も。卒論やらなくちゃ。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-09 16:41 | sports

BBCでも


日本が一番にW杯出場を決めた、としきりに報道してくれています。

タイ・バンコクの特派員はャナギサーワーとオグールーが決めた、ととても日本人の名前とは思えないような発音で紹介してくれていますが、それもご愛嬌。

ああ、なんか嬉しいな。
もう来週にはコンフェデなんだね、フランスでのコンフェデからもう2年かー。
あのコンフェデの時の俊輔は素晴らしかった。3戦目は出られなかったけど。(なんか振り返ってばっかり)

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-09 00:57 | sports

日本代表のコメント


を読みながら涙が止まらぬよ、おりゃ。
サポーターの声援って選手のメンタルにとっても重要なんだってことがすごく伝わってきて嬉しいし、今応援に行かれないことが本当に申し訳ない。

でも今まで何度か代表の試合に足を運んだことがあるけど、それはすべて私の楽しみであるだけでなく、少しでも選手のパワーになっていたんだとしたら嬉しくてたまらないし、これからもどんどん応援しようと思う。

ほんと、ここまで長かったけどお疲れ様でした。
体力的なことだけでなく、マスコミに叩かれたり、3バックか4バックかとか分かってない人間にまでやいのやいの言われたり、精神的に滅入ることもたくさんあったに違いないけど、ここまで来たよ。

フットボール後進国日本のサポーターの1人として、これからも応援していきたいです。
a0016617_16394698.jpg
競技場の外で応援するサポーターの声は、人数は多くなくとも
選手たちの気持ちを鼓舞するには十分だったに違いない

---------

それにしてもジョホールバルから8年ですよ…
あの時に比べたらあっさり、って言ってもいいのかなぁ。
日本が強くなったってことかなぁ。
あの時の代表好きだったな、名波とか素さんとか相馬とか渋いメンツがいっぱいいた。

とか振り返ってしまう、日本がW杯出場を決めた日は。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-08 22:11 | sports