無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 02月 ( 53 )   > この月の画像一覧

「その時歴史が動いた」


という番組が結構好きで、日本にいた時実は一番好きだったかもしれない(「速報Jリーグ」かこれか、という感じ)番組なのでありますが、久しぶりに番組HPを見てまた愕然…
1月に秋山真之のことやってたんですね…見たかった…。
番組紹介HPを見る限り新しい情報はあまりないように思いましたけど、こういう自分に厳しい人の話を聞くのが私にとっては本当にためになる(私が自分にとってもとっても甘いので)。

この番組では「勝って兜の緒を締めよ」で終わってるようですが、この後真之はちょっと違う世界に傾倒しちゃうそうで、自分に厳しいばかりに色々なことがやるせなく、また許せなくなってしまった真之ののめりこんだ、けれどのめりこみきれなかったその道を、私は知りたいでありますよ。

日本に帰ったら本読むぞー。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-28 06:44 | history

全然勉強を


やる気が起きないのでざくざく更新。

先週の金曜日にまたフレンチくんの、と言うよりはソルボンヌちゃんのお誘いを受けて、クレープをごちそうになってきました。
a0016617_515737.jpg
クレープを自分で焼くのはまあよくあるが、私の母上もよく焼いてくれましたし、マーマレードまで手作りってのがすごい。
結構時間がかかると思う。(ジャムはむかーし母上も作っていたなぁ…大量にイチゴが要るんじゃなかったかな)
マーマレードは、みかんとキウイが一緒に入っていて、甘酸っぱくておいしかった…。
a0016617_5153379.jpg


神楽坂にそば粉のクレープやさんがあってすごく人気で、一度予約せずに行ったら、「予約してきてねマドモアゼル、シルブプレ」ってな感じだったので、2度目はちゃんと予約して行ったんだよ、でもそんな人気になるのが分かるほどおいしかったよ、なんて話をソルボンヌちゃんにしたら、私も日本でレストランを開こうかしら…なんつってました。
彼女はデザートを作るのも上手ですから、本格的にパティシエになったらよいのに、そのときは私もマネジメントに入れてね、CFOかなんかで。

今回もまた何か作って持っていこうかとも思ったけど、クレープ食べるのに和食も野暮だな、と思い、ワインを買って持って行きました。

さて、彼らはインテリジェンスカップルなので往々にしてトークが政治的・歴史的なことが中心になり、恥ずかしいことにそれらのことについてあまり詳しくない私は実は非常に辛いのであります。
今回は日本の第2次世界大戦の歴史について、ここに書くのもはばかられるほど基本的な質問をされたのですが、的確に答えられなかった…と言うか正確な理由を知らなかった。
いえ、絶対書きませんとも(恥)。

でも彼らと話して感じたことは、日本の教育って、「こういうことがありました」「何年にこういうことが起きました」という事実は教えてくれるけど、その理由についてはあまり教えてくれないよね…。
例えば、なぜ信長は近江に、秀吉は大阪にお城を建てたのでしょう、家康はなぜ江戸に幕府を設けたのでしょう、3人とも出身は尾張or三河なのに?とか。

それに、特に20世紀の歴史については、あまりにも透明すぎる。色がない。
例えば2.26事件については、青年将校の反乱、ということしかやらない。
この事件をアホの若者がやったアホな殺人と思うか、方向性はともかく真剣に国を憂えた若者がたまりかねて起こした革命だと思うか、人それぞれの受け止め方はあると思うけど、少なくともこの事件に絡み軍部の上層部がどう動き、時の天皇がどのようにお怒りになったか、ということまでやらないと、2.26事件の背景が見えてこない。
要するに、上記のアホだと思うか、革命だと思うかの判断をする材料すら与えてくれない、ということです。
思想が絡んできてデリケートであるということはわかりますけどね、知れば知るほど面白いなぁ、と思うので、20世紀の日本の歴史は。

…それとも習ったのかな?私が覚えてないだけ?

自分が無知であることを学校教育の責任に転嫁するつもりはないですが、かようにして考えない人間ができてしまうのか、とクレープを食べながら気づいた次第。

フランス人は、と一般化できるほどたくさんのフランス人と接したわけではないですが、自分たちの文化や歴史に対して非常にコンシャスであると同時に、あまり他の国のことに対して興味がないように見える。
少なくとも、日本とフランスの関係で言えば、日本人がフランスのことを意識するほどには彼らは日本のことを意識していないと思う。

例えば、これはこのカップルではなく別のフランス人の子と話したときに知りましたが、彼女は「しょうゆ」を知らなかった。
イギリス人が他国の食事を受け入れているほどにはフランス人は受け入れてないんだろうなぁという感じがする。
それはかの国の食事がおいしいからだろうね。
さはさりながら、日本人は、日本の食事が素晴らしいにもかかわらず、豆板醤もコチュジャンもバルサミコも知ってるわけですよ。
ソルボンヌちゃんに「クレープ食べたことあるの?」って驚かれたけどエスカルゴだって食べたことあるよ、これはパリでだけど(そしてあまり好きではないけど)。

歴史についても、私だってフランスの歴史にそう詳しいわけではないですが、日本は270年間鎖国をしてた、と言ったらフレンチくんは超驚いてて、そうかー知らないのかー、と思った次第。
鎖国をしていた事実と言うのは現在の日本人のメンタリティに非常に大きな影響を与えていると思うので、ご承知おきいただけると幸甚なり。

それにしても鎖国なんてさー、絶対「なんで?」って聞かれるじゃない。
教科書どおり「キリスト教の広まることを恐れたので」と答えるとまた「なんで?」ってなるじゃない。
「神を敬うようになって幕府を尊敬しなくなるから」とか言ってみましたけど(しかも幕府とかわかんないのでKingとかDynastyとか言ってましたけど大丈夫かな?)何でなのかな?わからんな?
ああ、難しい、異文化交流。

あ、また雪だー。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-28 05:14 | food

ラグビーネタ


恩人氏が日本選手権を見に行くと言っていたのでちょっと羨ましかった。
レッズ氏によると今年の秩父宮の芝の状態は本当によくないそうだが、私はラグビーは国立で見るより秩父宮で見るほうが好きだった。
席によっては結構見にくいところもあるんだけど。

去年のマイクロソフトカップ、風が強くて、その風の影響も左右してとても面白い試合になったことを今でも覚えてるけど、今年も東芝が勝ったみたい。
東芝はトップリーグ、マイクロソフトカップ、と制して三冠を狙いに行きたかったところでしょうが、トヨタに負けてしまったんですね。
日本選手権はNEC(箕内がNo.8だそうですね…)が勝ったみたいですが、面白かったのかな。

さて、こちらでは6Nationsがやってまして、先日イングランドがフランスに1点差で惜敗したとき、たまたまメインキャンパスでただで配られてるMetroという新聞が手に入ったのですが、まあ「ウィルキンソンがいたら…」の恨み節。
2人のキッカーがなんと3つずつキック(全てPK)を外したそうで、そのうち1つでも入っていたら勝てたのに…という、仮定法の例題のような文章が満載。

で、そんなフランスがウェールズに負けまして、イングランドはアイルランドにも負けましたので、2003年W杯王者の面目丸つぶれ、ですねぇ…。
そう言えばソルボンヌちゃんがラグビー好きだと言っていたわ。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-28 03:21 | sports

今知ったが


あと1月で万博じゃん!
個人的にこの"愛"地球博の"環境保護"という理念に共感しているところがあって、「今どき万博?」とか「誰も知らないよ、万博があること」などという無神経な声を尻目に、結構楽しみにしていたのだ。

会期は9月25日までなのでそれまでに何とか帰国し、少なくとも一度は行かねばならぬ。
セントレアにも行きたいしな~。

---------------

環境ということで言えば、私自身はそれほど環境コンシャスな人間ではありません。
ペットボトルのお水を買うし、ゴミも人並みに出している。
しかし先日京都議定書の発効のタイミングに合わせてケニアからノーベル平和賞受賞者のマータイさんという方が来日され、「日本には『もったいない』という概念があることを知った。広めたい」とおっしゃった、と言うのを知り、面映くもあり嬉しくもあり。

なぜなら、「もったいない」は日ごろ私がよく使う言葉だからです。

恥ずかしながら私マータイさんなる女史を寡聞にして存じ上げなかったのですが、日本に「もったいない」という発想があることを知ってくれたこと、そしてその発想を美しいと思ってくれたこと、これは素直に喜びたいし、日本人として誇りに思いたい。
だってねぇ、「もったいない」ってものすごく英語にしにくい概念なんですよ。
辞書で調べるとだいたい"Waste of -"って出てくる。
「時間がもったいない」だったらそれでもいいけど、「それまだ捨てちゃうのもったいないよ」っていうときの「もったいない」ってなんか違うと思う。

ことほど左様に私はもったいながりでものが捨てられず、要するに吝嗇なわけで、「あの人ケチだなぁ」と思われること恐ろしく、あまり「もったいない」ということを人前で言うのは避けておったわけですが、いえ、そうではなくてむしろ誇っていいのかも、と思ったり。

まあ個人レベルではゴミの分別なんか一つもしないくせに、企業は躍起になって環境報告書だのサステイナビリティレポートだの作成している、ちぐはぐな国よりはよっぽど地に足が付いているんじゃないかと思ったり。

こんなことは感性の問題なので何とも言えませんが、いずれにしても京都議定書の発効の年に、ゴミの分別がとりわけ厳しい名古屋で(いや、名古屋ではないがその近郊で)、トヨタのお膝元である街で、環境をテーマとした万博が開かれること、これは意義深いんじゃないかと思うわけでありますよ。
自国の経済が停滞することを恐れて批准しなかった超大国が、批准しなかったことを恥ずかしく思うくらい効果のあるKyoto Protocolになるといいのだけれど。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-27 18:54 | 留学

プチ鬱


金曜日の午後、なんとなく落ち込んでいたので土曜日に恩人氏とチャット。
ああ、私のことをよく知っている人と話ができるって、そして何より日本語でまくし立てられるってなんと素晴らしいのか。
別にこれと言って落ち込む理由があったわけではないですけど、そういう時もまああるってことで。
(まあでも今回は回線があまりよくなくてまくし立てる、というほど喋ってませんけど…)

今回のテーマは、まあ色々話したけど、「1.アカデミックと現場とのバランス」と「2.金融機関のシステムに対する意識の低さ」がメインだったかな。
1.私自身は学んだ知識を仕事に活かそうなんておこがましいことは露ほどにも思っちゃいないんですが、アカデミックなバックグラウンドが少しでもできたことはありがたいなぁ、とは思っています。
2.これは面白かった。恩人氏は、金融機関の人とシステム関係の仕事をしている人たちでは、システムやITに対しての取り組み方が違うことを痛切に感じたと言ってました。
まあ後者の人はそれがメインの仕事なので当たり前といえば当たり前なんですが、それにしても金融機関のインフラにシステムは欠かせないはずなのに、なぜその部分はシステム関係部署の人間に丸投げなのか、と言うのが疑問で疑問で、なんてITリテラシーの低い、と言うよりもシステムコンシャスじゃない人間がこんなにも戦略に携わる部署にいるんでしょうね、と腹立たしく思ったことはあるよね。(まあそれほど私も詳しいわけではないけど)

私自身は、システムの開発や設計って非常にロジカルで、Vagueな部分があまりない(ように見受けられる)だけに非常に面白いのではないかと思っているのです。
私はシステム屋でもないしプログラムも書けませんけど(COBOLとかC++とかやってる友人もいました…話についていけなかったわ)、システムの設計にロジックを追及する気持ちは持っていたいなぁ。
それに、こういうロジックは法令を読むときも結構重要だったなぁ、と思ったりします…。

う~ん、なんかだんだん思い出してきたぞ、自分が何やってたか。
もう当局のHPも官報も読まなくなってしまって、脳みその中ににひじきが生えるような経験をすることも無くなってしまったけれど、こうやってリハビリをしていかないと、復帰できなさそうで怖い…

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-27 18:28 | 仕事

もろもろその8


Kennyが荒らしのようになってきたので、こりゃもうスルーだな、と思っていましたが、華さんと明子さんから温かい言葉をいただいており、恐悦至極。
Kennyに代わって御礼申し上げます。

最近フラットメイトの勝ち犬ちゃんとディナーすることが多く(晩御飯の時間が一緒になるだけなんだけど)、今日は彼女と彼女の友人のDepty(from インド)と3人でご飯を食べました。
彼女たちは強烈になまっているけど(マレーシアとインドのなまりって本当にすごい)でも英語で教育を受けてきているので猛烈なスピードで話す。
未だに文法を考えて組み立てながら話している私にとっては、何言ってるかは分かるけど、とても口をはさむ余地がない。

と言うか、「えー日本って日本語での授業しかないの?」ってむしろびっくりされた。(まあインターナショナルスクールや国際基督教大学など一部例外はありますが)

日本って特殊?

インドは"each state has each language."なんだそうで、一応Hinduが共通語、と言うことにはなっているようですが、誰でも理解できるわけではなく、階級によっては(彼女はlabour classと言ってました。カーストか、と聞きたかったが、よく事情を知らない者が簡単に触れていいことなのか分からなかったので止めました)わからない人もいるそうで、そういう人と話しをする時は「どれなら分かる?」みたいに聞かなきゃいけないらしい。

超不便。

それにしても、勝ち犬ちゃんのみならずマレーシアの他の友人もそうだし、Deptyもそうだけど、みんなデフォルトで3言語はいけますね。
わたしなんか未だに英語もろくに話せないのに。

やっぱ日本って特殊?

勝ち犬ちゃんは先月末に入居してきたのですが、ここに来る前は別の寮に1週間ほどいたらしい。
で、やっぱりaccommodation officeの対応のまずさに激怒した、と言うか、泣いちゃったらしい。
英国に到着した当日の夜にだんなさんに電話をかけて「こっちに来たことを後悔した、マレーシアに帰りたい」って言ったんだそうだ。
ああ、みんな同じだ。
堪え難きを堪え忍び難きを忍ぼうではないか、友よ。

-----------------

今日のRisk Managementの授業は、今までの中では一番面白かった。
と言うかボラティリティの高さここに極まれり、という感じで、1つの講義の中でもおもしろい部分と興味のない部分があるという、非常に集中するのに苦労する講義ではあった。
今日も先週に続いておばさんレクチャラーで、今日は携帯は鳴りませんでしたが、この雪の降る寒い中ノースリーブで、足と見まごうような二の腕をぶんぶん振り回しながら、"What is the crisis?""How to manage it?"とか言ってたのが印象的である。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-25 08:51 | 留学

また間違ったことを


書いた。

新株予約権は株主総会決議事項ではない!
取締役会決議でOKなんだって!

さっき、「私だったらNOの委任状を出す」とか書きましたけど、ごめんなさい、ありえませんね…。
そうか、だからライブドアは差止請求、という司法に訴える手段に出るしかないわけか…
「既存株主の利益を著しく損なう」って、既存株主って誰だ、って感じ。

村上さんがフジのTOBに応じたのか、ホリエモンの時間外取引に応じたのか、本当に売っていないのか(本当に売っていないことを望む…だって大量保有報告書出てないんでしょう?提出の遅延に対する罰則規定はないみたいですが、法治国家の民として遅延とかは止めていただきたい)わかりませんが、ニッポン放送のシェアホルダーは他の機関投資家、個人投資家含めてまだいるはず。
彼らこそ叫びたいはずだよ、既存株主の利益云々をさ。

それに自分で貸株条項付帯のCB発行して自社の株を売り気配にして(その後乱高下してるようですが)既存株主の利益云々を言うのはいかがなものか。
社長自ら「自社の株価が下がってもよい」と考えているように見受けられる行動を取る(=そのようなCBを発行する)ことが私には理解できん。
ライブドアの株主こそ主張したいと思うよ、既存株主の利益云々をさ。

また雪降ってる…もういいよ。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-24 13:43 | 仕事

また降ってきた


今朝は晴れて、積もった雪もすっかり溶けて、図書館は暖かく、まどろみながらだらだらと勉強をして、今ふと外を見たら…

猛烈吹雪。

越路吹雪の友達。サントワマミー。

ぶりざーどぶりざーど。(ユーミンの声で)

帰れるかなー、私家まで。

今日ゲットしたニュース。
・フジテレビ、ニッポン放送の新株予約権引受け、ニッポン放送がフジの子会社へ。
このTOB合戦の前は親子関係逆でした、と言うか正確には持分法適用会社だったみたいですが、実際にこのファイナンスが行われるとどうなるんでしょう?
ってか、買収の対抗策のためだけにこんなことしていいの?
うーん、これはまさしくポイズンピル…
既存の株主にとっては1株当り利益の希薄化にもつながるので、私だったらNoの委任状を出すかも…
うーん、予断を許さぬ。

・薔薇族復刊へ。
誰からか薔薇族が廃刊になっていたことを聞いており、そうかーサイバーの波に飲まれてしまったメディアがまた1つ、とか思ってましたが、めでたく復刊だそうで素晴らしいことでございます。
さすがに読んだことはないですけど、寺山修司氏や美輪明宏さんも寄稿していたというサブカルの王様のような雑誌ですからねぇ。

あ、雪小降りになってきた。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-24 01:41 | 留学

本当に


積もっちゃった…
って麻雀じゃないんだから。
a0016617_1815214.jpg

キッチンの窓から撮りました。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-23 18:02 | 留学

連続投稿すみません


さっきミュージカルネタを書いたので久しぶりにプリンスのHPを覗いてみたら…

なんか今月は「ごきげんよう」とか「誰ピカ」とか「めざまし」とかいっぱいテレビに出ているみたいだった!
しかも全て終わっていた!
芳雄くんがテレビに出る時っていつもこう!

うわーん、「ごきげんよう」めっさ見たかったー…。
去年だったか、銀ちゃんが「ごきげんよう」に出たときは事前にその情報をキャッチしてちゃんと録画できたのに…。
祐一郎さんが「徹子の部屋」に出た時も(これはおととし)友人が教えてくれたのに…。

すっかりヨン様ファンのおばさまと化した感がありますが、まあ似たようなもんですな。
本当に芳雄くんに縁のない私…
でも来年の「アンナ・カレーニナ」は絶対絶対見に行くからね、待っててね(涙)。
(遅まきながら芳雄くんの公式HPをお気に入りに入れました)

追記:ヨン様で思い出したんですが、本日フラットメイトの勝ち犬ちゃん(from Malaysia)とランチしてて、最初は韓国料理の話してたんだけど「ぺ・ヨンジュンって知ってるか」って聞くので「もちろん」と言ったら"He is very very handsome~~"と目をハートにして言ってました。
恐るべしヨン様。アジア席巻中。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-23 05:38 | theatre