無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 01月 ( 65 )   > この月の画像一覧

お誕生日パーティー


を開いていただいてしまいました!
と言うか、私の誕生日はとうに過ぎて、しかももうお祝いするような歳でもないにもかかわらず、かこつけて無理やり集まってもらった感じ…

しかもメニューが
もんじゃ

a0016617_1134479.jpg

です。
かつおぶしや乾燥エビ、青のりの匂いがたまらん…
貴重な食材を供出してくださったヒロさんありがとう!

ブラウニーはミックスに入っている粉を混ぜて焼くだけの簡単なものですが、非常においしかった…
a0016617_11342181.jpg


そうそう、私はランチにいつも「ゆかり」でおにぎりを握って持って行っており、「ゆかり」があっという間に無くなってしまうので先日母上に送ってもらったのですが、本日!なんと!哲学者さん(本日ご参加くださった方の1人です)から3袋もいただいてしまいました!
これでおにぎりライフは安泰…

それにしてもよっぽど私年末に「ゆかり」「ゆかり」言ってたんでしょうね、哲学者さんはクリスマスホリデーに帰国した際にわざわざ購入してくださったのだそうです。
しかもタダでいただいてしまいましたし…
こんどホカホカのご飯でおにぎり握って差し上げますわ。どうもありがとうございました。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-30 11:33 | 留学

カザフスタン戦


今スポーツナビの速報で経過追いかけてますが、やばいなーやっぱ映像見ないと私わかんないなー、って言うか試合だけじゃなくて一連のニュースが見たい。
なぜ楢崎じゃなくてヨシカツなのか、っていうところからじっくり知りたい。(去年の夏からずっとそうみたいですが)
阿部が福西と交替、とか、えーなんでー、っていうところが文字では全然分からん…。(そもそも阿部が選ばれていたことから知らなかった人)
まあフレンドリーマッチだからね、阿部を試したかったのかもしれないけど、じゃあなぜはじめから阿部で行かないんだろうか、とかさ。

レッズさん、もちろん行ってますよね、横浜?
試合の感想お待ちしてます!

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-29 21:03 | sports

Love Actually again


フラットメイトに台湾人の子がいて、彼女と共通の台湾人の友達が大学の違うホールに住んでおり、彼らとはずっと一緒に食事をしようと言っていたのだがなかなか時間が合わなくて(と言うか、彼らはMBAで私よりはるかに忙しいのでなかなか時間が取れなかった)、クリスマスも過ぎて年も明けて試験も終わって2nd Semesterが始まった今日になってやっと!みんなで会うことができた。

食事持っていくから、と言われていたので何も用意しておらず、さらにそのうちの1人のことをずーっとお料理上手だと思い込んでおり、(前に一度彼に招待されて彼の住むホールにランチをいただきにあがったが、それはそれはナイスだったので)今日も楽しみにしていたのだが、サンドイッチとか、ケーキとか買って来たものばかり…あれ?

聞けばやつは全然料理なんか上手じゃないらしい。
私が行ったとき、たまたま料理してくれただけだって…He was pretending!とか言われてました。
彼キッチンに立つのめちゃ似合ってたのになー。
まあ私もお料理できそうに振る舞ってるだけで本当は全然へたくそなので人のこと言えませんが、フレンチくんのマジメさと甲斐甲斐しさを見てからというもの、お料理のできる男の人ってなんて素敵なんでしょう、と思っていたので、Jerry、減点ね。

ただJerryはクラシックはむちゃくちゃ詳しいです。
例えば第九は、20人くらい違う指揮者で聴いたことがあるって言ってた。
実際私の持ってる第九のCDは彼が買ってきてくれたものだし。
ウケたのは「アーノンクールが…」と言いたかったのにどうしても彼がわかってくれなかったので、「去年のニューイヤーコンサートの指揮した人!」と言ったら「おー!ハーノンコート!」と言ったことです。
Harnoncourt、確かに英語読みしたらハーノンコートかーフランス人だったっけ?この人?と思ってしまったよ。(ドイツ人ですが。あと、今調べて分かったけどアーノンクールはおととしだった…去年はムーティでした。すみません)
まあとにかく彼は今度ロンドンに何とかというピアニストが来る、何とかという指揮者が来る、とかよく知っているし、って言うかチェックするだけじゃなくて実際に行こうよ、って感じなのですが、未だ実現してません。

さて、ご飯を食べたあとに「今Love Actuallyにはまっててさー」という話をしたら、「見たい見たい!」となったので、みんなで見てしまった…(ごめん、幹部さん、あなたの財産を!)
実は恥ずかしながら今まで日本語の字幕つきで見てたのですが、今回は英語の字幕で見まして(当たり前だ)そうか、こう言ってたのか…という発見が。
私泣くから、とか言ってティッシュを握り締めながら見てたけど、人がいると我慢できる(と言うか我慢しちゃう)もんですね。
またこっそり見てワンワン泣こう。(まだ見る気)

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-29 11:48 | 留学

久しぶりの


resource roomです。
部屋ではマサオをネットワークに繋げないので、2週間ぶりくらいで学校に連れてきてみました(って犬の散歩か)。
いっぱいパッチを当てまして、状態は最新。
調子も悪くないみたいだし、よかったよかった。

resource roomでreading listなどを打ち出していたらフレンチ君とソルボンヌちゃんがやってきて、今度Japanese Restaurantに行く約束をしました。
なんで彼らはこんなに英語のできない私にも親切にしてくれるのだろうか…
でもうれすぃわ。

そうそう、そんなわけでLost in Translationはもうお返ししちゃいます。
見たい方はお早めにどうぞ。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-28 22:08 | 留学

もろもろその5(くらい?)


うーん、軽く不眠症?
テスト期間中からずっと、テストが終わった今も、4時間以上続けて眠れません…
しんどくなるので昼寝をしてみますが、1時間経ったら目が覚める。
時間は非常に効率的に使えるが、私は本来睡眠時間が十分ないとダメな人間なのに、こんなに毎日眠れないと…

太るよー!!!(何だそのロジック)

それじゃなくても最近、「春場所の新弟子検査受けるんですか」みたいになってきてるのに…このままではあと3年もすれば不知火型で土俵入り…(横綱になるつもりでいるところが図々しい、でも短命、みたいな)

眠れない悩みを書こうと思ったがおデブの悩みに変わってしまった。
--------------
料理酒が手に入らないことを、9月くらいの日記で書いたんですが、先日中国人の友人のフラットで食事をしたときにお酒のものすごくよい香りがしたので、「何使ってるんだ」と聞いたら「紹興酒」だったんですね…
紹興酒って温めて角砂糖入れて飲む、というぐらいしか知らなかったのですが、そうか、お米で作ったお酒だから匂いもなんとなく日本酒と似てるのか、と思い、先日買出しに行ったときに早速買ってみまして、本日使ってみました。

素晴らしい!素晴らしくいい匂い。なんか料理がうまくなった気さえする。
今日は青梗菜も使ってみて、レパートリーが1つ増えて嬉しかったんですが、問題はオカナツ御用達のASDAには青梗菜が売っていないこと…。
うーん…、栽培するか…?←違う
--------------
マイケル(中国人)という友人がいまして、彼のMSNメッセンジャーの名前が中国語表記で意味がわからなかったのですが、どうもスラムダンクの登場人物の名前がずらずらと並べて書いてあったらしい。(桜木とか流川?とか)
で、彼はスラムダンクをはじめ日本のカートゥーンが大好きらしい。

先日も試験を受けるためにメインキャンパスに向かうバスに乗っていたときにそんな話になって、それまでgearing ratioとかvaluation modelとかforecastとか一生懸命覚えていたのに、彼と話を始めたらアリエスのムウ、タウラスのアルデバラン、その次何だっけ?(あ、今思い出した、ジェミニのサガだ)とかなっちゃって…(ご存知ない方もいらっしゃるかも…ちょっと古いマンガなので)そんなもの思い出してる場合じゃなかったんだ!本当は!
アカウンティングのテストの結果が悪かったらマイケルのせいです。(ウソ)
--------------
「英国は雨が多い、と言ったのは誰?」と聞きたいくらい傘をささずにすむ毎日で、英国人のJamesも「今年はいいねー」と言ってたので「アタシ!アタシ!」と猛烈アピールしたいくらいでしたが(晴れ女ですので)、さすがのアタクシのパワーも負けそうな英国の冬のお天気…
雨が多くなってまいりましたよ。
ありがたいことに、私が外に出るとき、そのときだけは降っていないことが多くて、傘をさす機会は今でも少ないままなのですが(晴れ女の意地)、1日中晴れにしておくことはもう無理(ってお前の力じゃねーだろー、今までも)。
もしかしてもう少し眠れればパワーが回復するのかもしれないけど。(なワケはない)
--------------
英国に来て不思議なこと、許せないこと。
1.ゴミを分別しない。
2.図書館の本に平気で字を書く

1.これは最初ものすごいストレスでした…
今でも勝手にビンとか缶とか分けて捨ててますが、結局出す先は同じなので実は意味がない(自己満足)。
こんな意識の低い状態で京都議定書とか調印しないで欲しいし、Environment Reportとかちゃんちゃらおかしいです。
SRIとかで、環境に力入れてる会社に投資しましょう、とかやってる人がいたらもっとおかしい、その前にやることはある。
名古屋に1ヶ月ホームステイせよ。

2.どの本を借りても書込みがあるし、実際私の友人も私の目の前で本に書き込んだ。(彼女はマレーシア人)
はっきりいって書き込みがあることによって便利なこともあるな(そこが大事なポイントなんだ、と分かるので)、と思うようにはなってきちゃったのですが、でも私の受けてきた教育ではありえない…。
--------------
自分に対して。最近携帯の音に対してアンコンシャスになっていてよくないです、私。
授業の前にオフにするのを忘れてピコピコやらかしてしまいました。
携帯のマナーにうるさい(電車やバスの中では携帯禁止、ってなんと素晴らしいルールだったかと思う)日本から来た人間として大反省。ごめんなさい。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-28 13:13 | food

お料理強化月間とか


リバプールに行くとかすっとぼけたこと書いていたけど、なんかそんな余裕なさそうなことがだんだんわかってきた。かなりヤバめな2学期…

うわーん、レクチャラーの英語がわかんないよー(涙涙)
致命的かも…

読む量もハンパないし、分かってたことだけど1つ1つのモジュールの内容がspecific過ぎて、何が言いたいか、objectiveを理解するのに時間がかかっています。
これをスルーしたまま(予習・復習をしないまま)次の授業に行くのはあまりにリスキーな気がするので余裕かましてないでちゃんと勉強します…

でもお料理はしたいし(無芸大食ですから!)リバプールには行きます…
Love Actuallyはあと何回見られるだろう…(でもまだ見る気)

しかし今日の私のコアモジュール(Risk Management)、超つまんねー。
私これを受けるために仕事辞めて高い金払ってNottsくんだりまで来たのかよ!と暴言を吐きたくなるほどでした、が、まだ1st Lectureだしね、様子見。
「Riskとは」、とかいいから、もっとVaRとか、Real Optionとか、ALMとかやりましょうよ、ちょっとファイナンス寄りですが、Decision Makingという意味では知っておいた方が…

まあでも1st SemesterでどうしてManagerial Econ.なんてものが私のコアだったのか分かった。
リスクの発生過程は、情報の非対称性とか、Transaction Costとか、モラルハザードとかの存在抜きには語れないらしい。
男前氏に教えてもらっておいてよかった…

男前氏と言えば、「彼は髪の毛をスカッと切って男前度がガッツリアップ」と書きましたが、これは本当でなんとなくモックンのような素敵な感じになりました。
にもかかかわらず、「(ちょっとチンピラっぽいですが(笑))」なんて書いてしまったところ、「俺で笑いを取るな」とお怒りのご様子でしたので、一応「モックンのようなチンピラになった」、と訂正しておきます。けど、お詫びはしません。(笑)

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-28 03:59 | 留学

わかんないよ~


2nd Semesterは水曜日がオフなので、リバプールに行こうと思って、夕べから何度もオンラインで鉄道のチケットを買おうとしたが買えない…
今朝も試してみたが買えず、何か問題があったらここに電話してね、と書いてある番号が開くのが10時からなので、10時になるのを待って早速電話してみたら…

「システムトラブルです。」

だって。
分かった、そういうことはJALにだってあったし、東証にだって起きた。
イギリスだから、とは言わない。

でね、同じシステム使ってるらしくて、結局電話でもブックできないんだって、勇気を振り絞ってかけたのにさ(英語ができないので電話が大嫌い)。
でも不思議なのが、往復で14.5ポンドのチケットはシステムが動いてないのでブックできないけど、17.5ポンドのだったら電話で取れるよ、だって…

は?

1.本当にシステムが2本立て
2.ただの詐欺

のどちらでしょう?
悪いけどことここに至っては英国だからなぁ、と言わせてもらうよ…。
いったいどういうシステムの壊れ方したんだ。

ここまでチケットが取れないということは、ジョージかジョンが、「今リバプールに来ちゃいけない!!!」と言っているとしか思えない。
ほとぼり(って何だ)が冷めてから行くことにしよう。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-27 20:10 | travel

指揮者


昨年9月に母上が欧州に来たときに、聖響さんのベートーベンの5番を買って持ってきてもらうように頼んでいたのですが、パリのホテルでパッケージを開けてびっくり、DVDつきだった…
うわーボーナストラックってこういうこと言うんだー、と早く帰って見たかった。

最近(Love Actuallyに押され気味ながらも)たまに見ておりますが、練習中の指揮者ってこんななのか!と新たな発見。
力強く奏でて欲しい(と彼が思っている)ところでは聖響さんもウンウンうなっているのであります。
モニカ・セレスのバックショットのときのよう(例が古すぎ?)。

思えば指揮者ってスポーツの監督のようなところがあるかなーと、その映像を見て思いました。
練習中はいくらでもストップかけられるし、声も出せるし、指示もできるけど、いざ本番となったら、タクトを振って合図をすることしかできない。
プレイヤーが、練習のときと違うことをしてももはや演奏を止めたりやり直ししたりできない。

私が聖響さんを初めて見たときの、「指揮者というのはセクシーな人種である」という感覚は今でも強烈に覚えているけど、あれはコンマスにも、フルートにも、ホルンにも、ティンパニにも、「伝われ!伝われ!俺の意図、俺の解釈」ってやっている、声が出せないから身振り手振りがでかくなる、その表現がセクシーに映る、ということなのでありましょう。

昨年末のベルリンフィルのジルベスターはサー・サイモン・ラトル、ウィーンフィルのニューイヤーはロリン・マゼール、その名前を聞くだけでもぞくぞくするような大物同士。NHKではどちらも堪能できたのではないかと思いますが、いかがでしたか?
大御所のセクシーな指揮ぶりを拝見したかったが。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-27 09:38 | concert/musik

号泣


号泣というお笑いグループがありますが、その話しではありません。
またlove actuallyを見てしまい、また泣いた…。
アホかなー私、と思わないこともないが、同じところでウルウル来る…。
しばらく置いて、週末にまた見よう(ってまだ見るんかい)。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-27 05:03 | film

お料理


最近友人がフラットに訪ねてきてくれることが多く、人と一緒に食事ができて嬉しいのですが、それにつけてもレパートリーの少なさに困っております…。

日本にいたときは、同じ献立を二度食卓に出したことがないほど、黒柳徹子さんばりに日替わりで色々作っていたのに(もちろんレシピ見ながら)、こっちに来てからは同じようなものばかり食べている…。

昨晩は昨晩で男前くんが来てくれまして、彼は髪の毛をスカッと切って男前度がガッツリアップ(ちょっとチンピラっぽいですが(笑))、これはいい目の保養だわ、とおいしくご飯をいただいたわけでありますが、それにしても夕べも夕べでご飯の献立に困った…

常々、こっちでは手に入る食材が少ない、ということを言い訳にしていましたが、こっちで手に入る食材で作ってみよう、という努力を怠っているだけでは、ということに気づきまして、それではいけない、寮母失格。
というわけで時間のある1月2月は、お料理強化月間に指定しました。
今から早速買出しに行ってまいりまする。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-26 21:02 | food