無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 11月 ( 48 )   > この月の画像一覧

Kennyyy!


図書館で資料を探してたらまたまたKennyがやってきて、日本語教えて、ときた。
彼は日本語に興味があるというよりは日本人の彼女がほしいので日本語を覚えたいらしいです。

「ナマエオシエテ」「バンゴウオシエテ」「ヨロシクネ」とぶつぶつ言ってます。

誰かKennyにかわいい日本人の女の子を紹介してあげてください。
そして一刻も早く私を彼の日本語教師の職から解放してください。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-11-18 07:10 | 留学

今日も


CMA(キャピタル・マーケット・アナリシス)という科目のmtg.があって、この宿題に関してはもう終われそうなのでそれについてはみんなに大変感謝しているのですが、今日はみんなの時間の使い方について大変戸惑った…。

mtg.は14時から、と言われていて、そのあとは今日は授業がなかったので、よし掃除をして、ご飯を食べてから、もう一度図書館に来て勉強しよう、という段取りを立てていたわけであります。

なのですが、なんか14時になって今からおたふくの注射を打ちに行く、とか言って3人くらい抜けちゃって、何で今なんだよー、うちらおたふく以下かよー、って感じ。(以下かも)
ってかマジで何で今日じゃないとだめなの?

確かに「おたふくの注射打ってね」っていうwarningが何度も出ていたのは知ってるんだけど、注射の時間帯なんて前もってわかってそうなことなのになぁ、何で直前に言うんだろう、しかも結局すごい列で注射できなかったって言うし。

まあそんな感じで1時間遅れで始まりましたわ。
始まったらまあそれなりに実のある話し合いができまして、16時半くらいに終わったので、よし、帰って掃除だ、とか思ってたら、「今度みんなで飲み会しよう」とリーダーが言い出しまして…

そっからが長かった。

もう飲み会なんて私が幹事だったら「18時半に新橋三井アーバンホテルの前」とか、「19時に飯田橋3番出口出たとこ」とかじゃんじゃん決めちゃうのになー。
なんかみんなで持ち寄りパーティーにしようとか言って、誰が何を持ってくるか、とか、お酒は飲めるか、とか、ワインは白か赤か、とかそんなこと今話しなくてもいいじゃんかー、という感じ。
しかもリーダーは、英国人だけどムスリムらしく、ポークはだめ、ほかのお肉もASDAやSainsburyで買うお肉はだめ(ようは肉屋で買って来い)、とか色々難しい。
ほんならお前が作ってこーいという感じだけど、僕料理できないから、とか言っちゃって、もう知るかー、私はだらだらするのは大好きだけど、人の都合でだらだらさせられるのは大嫌いなんだー、もう私の段取りから1時間ずれているんだから帰らせてくれー、と私の魂は叫んでおりました。

で帰ってきたのが17時過ぎ。
今日はもう絶対掃除すると決めてたので、台所使ってた人や洗面所使ってた人にちょっとごめんなさいよ、って追い出してまで掃除しちゃった。
私の怠惰っぷりをご存知の皆々様には驚かれるかもしれませんが、私毎週お風呂と台所の掃除してます。
自分が散らかしてぐちゃぐちゃなのはぜーんぜん問題ないけど、人が散らかしたのは全く受け入れられないので、毎週きちんと掃除しないといやなのです。
当番制にするべきなのかもしれないけど、自分でやらないと気持ち悪い。
という潔癖なところが自分にあることが留学してわかった。

まあそれで1時間でがっつり掃除して、ご飯食べて、今図書館に来て、勉強もせず文句を書いているわけです。
意味あるのかな。まあいいか。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-11-18 05:12 | 留学

図書館よ!


最近また図書館を利用し始めました。
resource roomが混みはじめたのと、喋っちゃうのと、あと寒いのです。
図書館も9時半くらいまで開いてて、ワイヤレスが入っていたので、まあ便利かな、と。

で今日はこれから書き始めるエッセイの本を借りようと色々欲しい文献を検索しておりました。
大学には図書館が5つくらいあるのかなー、私のいるキャンパスには2つあって、メインキャンパスに3つか4つくらいあると思うのですが、欲しい本が結構メインにあったりして、すげーめんどくさい。
って言うのは、返すのはどこの大学でもいいけど、借りるのはそこに行かないとだめなのね。

日本にいたとき私が住んでいた街には確か8つくらい図書館があったのだけど、ネットで取り寄せの依頼ができて、最寄の図書館で受け取れるようにしてくれた。
しかも届いたらメールで知らせてくれた。
本はあまり借りなかったけど、よくCDを借りてた。
クラシックが充実していてすごく嬉しかったのです。

そういうサービス導入してくれないかなー。

ああーおなかすいたー。本の検索終わったら帰ろう。

どうでもいいですが、今私の隣には香港人のKennyという男の子が座っていて、エッセイを仕上げるんだ、とがんばっています。
弟と同い年くらいだと思うが、なんか一緒に勉強してるのがすごく不思議な感じ。
またKennyってかわいいんだわ。
アントラーズのナカタコからトレゼゲ色を抜いた感じ、って言ったらわかるかな?(わからないかも…)

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-11-17 06:11 | 留学

今日はちょっと


おもしろい1日でした。
お昼過ぎに男前くんに会って、それからグループワークの進捗状況やどうやって進めたらいいかなんかをかなりまったりと話していたら、なんと東京で働いていたときの同僚(レッズさん)が大学までいらしてくださったのであります。

と言うか、まあさすがにいきなり来たのではなく、「行くよ」という連絡はもらっていたのですが、13時過ぎにまだロンドン、という連絡をもらったときにもう来ないかもなーなんつって迎えに行くモードじゃなくなっていたんですな、勝手に。

そしたら16時くらいに今着いた、という電話が…

「タクシーに乗って「××キャンパスの○○エントランスで降ろしてくれ」って言ってください。」

と私もむちゃくちゃな注文をしたもんですが、ちゃんと来てくれましたよ、レッズさん…。
すごい。ありえない。私だったらそんな失礼な仕打ちにいかる。
でもレッズ氏はですね非常に紳士でですね、しかも私が頼んだお土産まで持ってきてくれて、ですね(お餅ですー。欲しかったんですー。お雑煮が作りたくて…ロンドンで見たら900円くらいしてこれは買えないなーと思っていたところだったの!)もう恐悦至極ですよ。

無理やりそのまま男前くんも同席させて、お茶してご飯食べて、19時にはレッズ氏は帰っていきました…。
3時間のために往復4時間ですよ。すごい、不思議な人だ。
でもレッズさんと会って、東京で生活していた自分がいたことがうそじゃなかった、私には帰るところがあるんだなー、という不思議な感覚を味わいました。

それにしてもレッズ氏と男前くんのサッカーの話にはついていけなかったよ。
まだまだ勉強が足りないわ、私。

ああー楽しかった。レッズさん、男前くん、本当にどうもありがとう!!!

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-11-16 08:00 | 留学

オンラインだと


遊んでしまう、と思いresource roomではなく図書館に来てみたら、ばっちり電波(でいいのか?)キャッチ…
で、結局オンライン。
いや、自分でワイヤレスのアンテナを無効にすればいいだけなんですけどね、意志が弱いだけです。

それにしても

【日本、スコットランドに大敗=ラグビー】
欧州遠征中のラグビー日本代表は13日、英国のパースでスコットランド代表とテストマッチを行い、8-100(前半8-36)で大敗した。

ですって…
勝てるかも、なんて思ってた私が恥ずかしいわ。
ちゅうか何さ、このスコア!行かなくてよかったー。ノーガードでボカボカに打たれてたようなもんじゃないの、特に後半。
ミラーがいないとだめなのかしら、なんかミラーってさドゥンガみたいなところあると思うんですよね、どうかなぁ。

ああー2011年は絶対日本でW杯!とか思ってるのにぃ。がんばってくれよ、あと2試合。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-11-14 21:19 | sports

PS2


もう忘れないうちにどんどん書いておこう。

先日resource roomでMichaelとKennyと話していたら、なんでか忘れたけどプレステの話になって、

Michael:「僕は家にはPSもPS2もある!」
Kenny:「頼んで送ってもらえ」
Michael:「そんなこと言ったらお母さんに怒られる…」

だって。
なんてかわいいのでしょう。

私のプレステ歴はダビスタで止まっており(GⅠ制覇を目指して一杯に追う毎日でしたわ…)、PS2に関しては見たことも触ったこともないのですが、××というゲームは知っているか、とか○○というゲームは面白い、とか、言われてしまって、

でも全部知らんのだよ、すまんMichael。

名前忘れましたけど忍者のゲームがあるらしく、「クノイチ」とか言ってて、面白かった…。
「シノビ!」「シノビ!」って連呼してたもんなぁ。
先日のコタツやタタミに続くヒット。
日本っていろんなもの輸出してるなぁ。

さ、アホなことばかり書いてないで勉強しよう。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-11-14 20:00 | 留学

紀宮様


ご婚約内定だそうですね、おめでたいわー。
なんか久しぶりに明るいニュース、って感じですか?
田臥くんのNBAとか、日米野球4連敗後の3連勝とか、明るいニュースは他にもあったってか。

なんにせよ、おめでとうございます。
日本人よ、元気出していきましょう!

実はこのニュースを仕入れたとき(NHKのサイトで知ったのですが)恩人氏とボイスチャットをしており、「紀宮様のご婚約が内定したの?」と聞いたら恩人氏はまだ知らなかった…。
東京にいる人よりNottsにいる私のほうがこの情報の入手が早かった、インターネット社会、恐るべし。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-11-14 16:56 | news

午前中


ASDAに買い物に行ったあと、またresource roomに来ています。
部屋にいたら寝ちゃうから、と思って来てみたはいいですが、あまりに眠くてresource roomでも寝てしまった…。
何やってんですかね、私。

もっと私の宿題の進捗状況が芳しければ、私は今本当はスコットランドでラグビーを見ていたはずなんです。
ジャパンが遠征してきているので。

私の好きな祐也選手はいないし(おそらく彼はもうジャパンに選ばれることはないんじゃないだろうか…ロイキーンよりクリティカルな感じ)、大畑選手もケガで不参加みたいですが、小野ちゃんがうなぎステップでアウェーのピッチを駆け抜けるのを応援したかった。
バツベイがでかいスコットランド陣営の中央を突破するのが見たかった(あれ、バツベイって選ばれてましたっけ)。

去年のW杯を見て、もしかしたらスコットランドには勝てたかも、と思っているんです。
今回の遠征はアウェーなので勝つのは難しいにしても、最低2トライは奪えるだろうと。
だめだ、書いてたら見たくなってきた…。

あの、剛臣選手が来ていないのもケガですか?
箕内選手がNo.8をやっているようで、そんなんだったら祐也選手を選んでくれよーと心から思うのであります。

さ、宿題に戻ろう。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-11-14 00:50 | sports

肉じゃがを


また作ってみました。
母上の助言どおり、肉を薄く切りました。
硬いのはどうにもなりませんが、前よりは肉に味がしみておいしかった。
何を間違えたかやたら煮汁が多いので、明日また材料を足して煮込もう。
4日くらい毎日肉じゃが食べてそう…。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-11-13 06:01 | food

Thank you Michael


講義のあとグループワークのミーティングがありました。
グループは8人いるので3つのパートに分けて、それぞれの担当部分についてまとめることにして、今日はそれぞれのパートをみんなで持ち寄ることになってました。
私は夏の語学学校でも一緒だったMichaelと組んだのですが…。

前の日記でも少し書いてますが、Michaelと私以外はみんなアングラからこっちにいる子ばっかりなんですよね。
だからアカデミックエッセイの書き方もよく知ってるし、当たり前だけど英語を使いこなしている。

みんなが我々のパートを読んでいたときは、ものすごくドキドキしました…。
ショボい英語だと思われてるんじゃないだろうか、とか、なんか誰かが笑ってたときは、あーすごい変な書き方してるのかなーと思ってしまったりとか。

読み終わったあと、リーダー(っぽくなってる)英国人のIrfanくんが言いました。

"Your part is quite good."

すごい、こんな嬉しいことってない。語学学校の先生にほめられたよりずっと嬉しい。
英国人の、普通の人(英語を教えることを生業としていない人)から見ても、違和感のない文章が書けたなんて、はっきり言ってMichaelのおかげです(ダメじゃん)。

Michaelとは昨日ちょっともめまして、まあ私が一方的に叱り飛ばしたんですけど、でも私1人だけではこれほどまで言ってもらえる文章は書けなかっただろうし、ガミガミ言って悪かったなぁって思いますた…。

きっと、私の英語って大丈夫なのかなー、っていうコンプレックスは、一生ついてまわるんだろうと思う。
今日の、みんなが我々のパートを読んでたときの、あの居心地の悪さ、いたたまれなさを私は忘れない。
精進しよう。

でもMichaelのおかげでよい週末になりそうです。ありがとう。
…というメールを今からMichaelに書こう。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-11-13 04:31 | 留学