無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

インターネットが


自由に使えないと言うのは非常にストレスフルだと感じ始めた今日この頃、部屋の電話を使ってダイヤルアップで繋いでみました。
モジュラージャックの形は違うし、外線の電話のかけ方は分からないし、色々苦労しましたが試行錯誤の末成功しました。
この日記もダイヤルアップでアップロードしてみました。
お金はかかるし44kというブロードバンドに慣れた身には地獄のような遅さだけど、自由にメールチェックできないストレスと比べたら大したことないかも。

台湾から来た人たちとお友達になった(と言うよりとてもよくしてもらっている)のですが、そのうちの1人がものすごく日本の文化に造詣が深く、川端康成の本が好きだとか、芥川賞と直木賞の違いだとか、宮沢賢治は盛岡出身だとか、鎌倉の雰囲気が好きだとか、極めつけは是枝監督の映画は「誰も知らない」を除いて全部見た、とまで言い出して(もちろん「誰も知らない」がカンヌで主演男優賞を取ったことも知っている)、はっきり言って私よりずーっと詳しいです。
日本の古い歴史や文化が好きなんだ、と言っていましたが、なんか自分の国のことすら何も知らん自分がちょいとこっぱずかしくなりました。

中国人や台湾人はだいたいみんなEnglish nameを持っていて、お互いにそちらで呼び合っています。
ないのかと聞かれたので、日本ではそんな習慣はあまりないよ、と言いました。
なんか今更カトリーヌ(Englishじゃないじゃん)とか、ローラとかもないもんですけど、日本人の名前はやはり発音しにくいらしい。

天気がわりといいので毎日日傘をさしています。
まさか英国まで来て日傘を使うことになるとは思いませんでしたが、とても役立ってます。
晴れた日に傘をさすのはアジア人特有なのか、白人からは奇異な目で見られます。
今日も、”Excuse me! It isn’t raining now.”と言われました。こういうとき、なんて返事するのが一番洒落てるんだろう?

a0016617_145476.jpg

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-07-31 05:32 | 留学

やっと


日本語で日記が書けるようになった、バンザーイ!

今日は語学学校の2日目でしたが、ちょっとしたテストがあっただけで、本格的な授業は来週からだそうです。
9時半始まりで16時にはすべてが終わると言う生活なのですが、こんなにのんびりしていていいのか、と心配になります。

昨日記念すべき留学1日目のメールを書いて、ローカルに保存していたので、ポストします。

====================================

28/07/04

語学学校初日。なぜ水曜日と言う中途半端な日からスタートするのだろうと思っていたが、今週水・木・金はレジストレーションとかレクチャーとかキャンパスツアーとかで、まともな授業は来週かららしい。
50人のクラスで、想像はしていたが半数以上が中国人。日本人は私のほかに2人いました。9月の修士のコースが始まれれば、もう少し欧州の人も参加するでしょう。

部屋に学校LANが来ていないので、インターネットにアクセスするためにはコンピュータールームに自分のラップトップを持って行かねばならず、しかもLANポートの数には限りがあるので、結構インターネット環境はよくないです。更新が滞るかもしれませんが、そういった事情ですのでご理解ください。

それにしても部屋でインターネットができず、TVもないので天気を知るすべがありません。わりと暖かいのでありがたいですが、夜9時とか10時になっても明るいので、体がおかしくなりそうです。

それはそうと、語学学校が日帰りのバスツアーを企画してくれていて、しかもFree of charge(と言うか学費に含まれているらしい)だと言うので、これは参加しない手はないと思い、早速登録しました。今週の土曜日にYorkへ、8月中旬にCambridgeへ行ってまいります。

====================================

それはそうと、私の舌足らずな、プアーな英語の日記のせいでご心配をいただきまして誠に恐縮です。おかげさまでとても元気ですよー。

ただ、アムスとユトレヒトの旅行の段取りを完全に間違えたなー、とか、雨の中を乗り方のよく分からない自転車と格闘し、しかも道に迷い、あげく雨だから船にでも乗るか、(屋根付なので)とカナルクルーズに出たとたんに雨が止んだ、とか、うまくいかないことだらけでちょいとブルーになっていたのでした。(みんな働いているんだから贅沢な悩みですよね)

でもこちらはとても暖かく、なんと昼間は半袖でもいいくらいで、キャンパスはとても広大でしかもとてもきれいで(寮はボロボロですが)、おまけに寮のご飯は想像してたほどまずくなくて(味バカに生まれたことに感謝)、毎日(と言ってもまだ3日)楽しいです。
またキャンパスの写真でも撮ってアップします。
a0016617_14263.jpg

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-07-30 06:41 | 留学

From London

I have just arrived in London and am waiting for a coach.
Tommorrow, my English course begins.

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-07-27 22:25 | 留学

From Amsterdam part3


Today, I went to Utrecht as a short trip. It takes for only 30 minutes to go.
I would like to visit the Central Museum because it hols an exhibition of Dick Bruna. However. it is closed because today is Monday!
I should have visited there yesterday...

Anyway, I was able to enjoy visiting the city and I am going to move to England tomorrow.

English course will begin from day after tomorrow. I am worried about it very much.
a0016617_101768.jpg

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-07-27 02:43 | travel

From Amsterdam part2

What I was said on the small street:
"You are a monkey! I don't like any Chinese because you are too small!"

I failed to organise my plan of trip completely. I had a lot of troubles and hardship...
I realise I am really really stupid. Anyway, I am safe and nothing was stolen and lost. Thanks a lot.

I am going to have a supper from now.
a0016617_0594339.jpg

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-07-26 01:48 | travel

From Amsterdam

It is raininng a little in Amsterdam although I am a "Hare-Onna". And also it's cold.
I borrowed a bike and ride around the city. However, there are some problems, so I dropped in the internet cafe.
1. difficult to ride a bike. different from Japanese bike
2. can't remember and understand the roads and streets
3. rain and coldness

a0016617_059636.jpg

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-07-25 19:29 | travel

In Holland


Sorry for writing in English. Now I am in Amsterdam and going to stay here until 27th. I am writing this at internetcafe.
Before coming here, I had stayed in Kuala Lumpur for 2 days. I wrote short summary of my stay and will upload soon.
a0016617_0582258.jpg

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-07-25 02:40 | travel

あさってが

フライトと相成りまして、本日再度上京するため今朝は荷造りで大忙しでした。
娘のわがままに両親を巻きこむことになってしまい申し訳なく思っとります。
色々お手数かけますけどどうぞよろしくね。

実家にいる間にやっていたことと言えば水泳に行く、テレビでバレーボール・サッカー・野球を見る、たまにちょっとだけ手伝う、という感じで小学生の夏休みのようだったのですが、その際たるものが読書でした。ひょんなことから日露戦争(特に日本海海戦)に興味を持ちまして、「坂の上の雲」を読み始めたのが7月はじめ。ようやく昨日読み終わりました。

いや~、読むのにこんなに時間がかかるとは思ってなかった。長かったっす。とにかくあれだけのものを書こうと思うと、さぞや取材や調査に時間が(とお金も)かかったことだろうと、司馬さんの情熱や根気に頭が下がります。

NHKでこれをドラマにする話があるらしい。脚本家の野沢さんもきっとストレスが溜まっていたんだろう。どんなものになるのか楽しみです。
[PR]
by mugeitaishoku | 2004-07-19 15:35 | 留学

discover Japan

と題して(いや、題してないけど)、京都を旅して参りました。暑いのは覚悟の上でしたが、やはり暑かった。京都の、あの逃げ場のない暑さはどうでしょう。電車を降りたとたんに感じる、あの重い空気は。一陣の風も吹かぬ、こもった熱気は。

それでも涼しい、と感じる瞬間はあるもので。
貴船神社に向かう道すがら連なった川床。西芳寺の苔むした庭のひんやりとした空気。比叡山頂のさわやかな風。夕立のあとの冷やされた大気。
晴れたり曇ったり急に降り出したり、暑かったり暑かったり、たまに涼しかったり、久しぶりに自然の天候や気温を実感した3日間でした。

もうすぐ祇園祭ということで、鉾建も始まっているようで、四条烏丸近辺はものすごい混みようでした。暑いときに熱い祭りをするもんですなー、京都は。
「みそぎ」がテーマの旅だったんですけど、みそぎぞ夏のしるしなりける、とか言いますしね、うまくみそげたかな。って言うか「みそぎ」に上手いも下手もあるのか。
[PR]
by mugeitaishoku | 2004-07-15 23:36 | travel

EURO2004 決勝戦

a0016617_25727.jpgすみません、ここまで来ても、ポルトガルが勝つだろうと思ってました。
ポルトガルだって同じ相手には二度負けないだろうと思ってたし、ホームだし、決勝だしって。
実際ゲーム内容も、ポルトガルのほうが押してたし、ボールポゼッションだって圧倒してたし…。でもそういう印象ってあてにならないよね、チェコだってそうだったけど負けたんだし。

テレビで言ってましたが、驚くべきことにギリシャの枠内シュートは決まったあのCKからのヘディング、あの一本だけだったんですって。
ルイ・コスタもパウレタもヌノ・ゴメスもできなかったことをやってのけた、カリステアス、あなたは偉い。

まあイタリアもびっくりの守備のチーム、泥臭いマンマークのチームが勝ったってことで、なかなかほかのチームには参考にはしづらいプレースタイルなんでしょうけど、こういう勝ち方もあるってことだよね。

結局ギリシャの選手の顔と名前ほとんど覚えることができなかったなぁ…。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-07-07 02:58 | sports