無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

テレビを

ほとんど見ない私ですが、今朝何気なくテレビをつけてチャンネルをカチャカチャしていたら、私の大好きな指揮者聖響さんがタクトを振っており、釘付けになってしまった。
「題名のない音楽界」という番組だった。リストの愛の夢第3番なんちゅーロマンティックな曲をまろやかにコンダトする様子にうっとり。出光興産さん、ありがとう!

先日は先日で、深夜番組なんぞを見るともなしに見ていたら、(私の中で)伝説のお笑いコンビ、ジャリズムがネタをやっていた。しかも新ネタ。彼らは何年も前に喧嘩別れに近い形で解散しており、惜しむ声は多かったが再結成は難しいと思われていた。今年の2月ごろに一度だけ2人でステージをやるという話を聞いたときはとても驚いた。チケットを入手しようと頑張ったが、やはり無理だった。

彼らは復活したのかな。しげちゃんは、解散後ピンでやっていたようだけど、やはりあつむくんにつっこんでるしげちゃんを見るのが一番いいなぁ。あつむくんは才能豊かな人で、解散後は構成作家として成功していたようだけど、やっぱり現場、と言うかステージが好きなのかな。期間限定なのかもしれないけど、ジャリのネタを見られると言うのはやはり嬉しい。もう一度見たい、ラップ葬式。

まあこんなこともあるので、たまにはテレビをつけないといけませんな。
[PR]
by mugeitaishoku | 2004-06-13 16:28 | concert/musik

出会いは必然

だと昨日一緒に食事をした人が言っていたが、そのとおりだと私も思う。今日は推薦状を書いてくださった前の会社の上司と食事をしたが、この上司と会わなかったら今の私はない。私がその会社で異動になったときも、その会社を退職するときも、今回の留学も、人生の転機にはその上司にお世話になっている。

私のような、これといった特徴もなく、たいしたアチーブメントもなく、人より秀でたものも特にない人間の推薦状を書くなんて、本当に大変な作業だったと思います。でも今日は、もうそんなことには触れないで、留学することの心構え、として幾つかのことを教えてくださった。

食事が済んで、それでは一年後に会おうね、親孝行をしなさいね、アチーブメントを期待しているよ、とおっしゃってくださったときには涙が出てきた。ありがとうございます、精進してきます。

今日は最終出勤日で、事務所でもいろんな人に挨拶をしてきた。わがままで、すぐ態度に出る子どものような私にも、いろんな人が励ましの言葉をかけてくださって、本当にうれしかったです。
ギブアンドテイクと言うが、テイクしかしていないよ、私!!!このままではいけない。この日のことをずっと忘れないように、いつか恩返しさせてください、本当に。
[PR]
by mugeitaishoku | 2004-06-11 22:17 | 留学

entry clearance

無事ゲット、であります。まあ書類揃えたり、パスポートの番号聞き出したり、色々めんどくさいことも多ござんしたが、違う国の人を1年間とか住まわせるのだから、神経質になって当然か。と、自分が無事にもらえたもんだから強気に書いてみました。とりあえず英国に入国できることが決定。
[PR]
by mugeitaishoku | 2004-06-04 15:33 | 留学

ありがたい限りです。

今回留学するにあたり、もったいないくらいの心強い味方が2人いる。
2人とも英国の大学院の博士課程に在籍しておられ、しかも専攻がビジネスや経済学なのである。
1人の方は知り合いの方に紹介していただいた。
その方はお目にかかるチャンスはなかなかないけれど、たまにメールをさせていただいているHK在住の方で、彼女のお友達夫婦が英国にいらしてだんなさんのほうがドクターに在籍されているとのことで、今回の留学の件を伝えたら紹介してくださったのである。

早速そのだんなさんにメールをさせていただいたら本当に親切なレスをいただき、何と言うかもう身に余る光栄。

もう1人の方は、留学しよっかな、どうしようかな、と私の留学への気持ちがまだ胎児くらいだった頃に、とある掲示板への留学に関する私の書き込みを読んで励ましのメールを下さった方で、かれこれ3年近く前からお世話になっている。このたびようやく留学が決まった旨伝えたら、「これからは情報交換しましょう」などとおっしゃっていただき、(そんなことはおこがましくてとてもじゃないが)恐悦至極なのである。

前も書いたが、人生の転機は色々あってそのたびにお金やエネルギーを消費するけど、でもそれが何であれ一人ではできないことばかりだと私は思う。
私のようなものにもこうしてサポートしてくれる人がいることは本当にありがたいし、それにつけ自分はそういうことがほかの人にできるだろうか、とわが身を振り返る。
特筆すべきは、この2人はまだお目にかかったことがないのである。見も知らぬ人間のために、忙しい時間を割いてとても親切で肌理細かいメールをくださり、何でも聞いてくださいね、という言葉をかけてくださるのである。
本当にもったいない話し。ありがたがるだけではなく、私もいつかこの2人をはじめ皆さんに恩返しがしたいと思っているし、いつか私が何か質問された時には、皆さんにしていただいたように応えることができたら、と真摯に思っています。

それにしても、インターネットの発達は私の生活(人間の生活)を劇的に変えたけれど、こうして新しいネットワークが築けるのもインターネットのありがたさですね。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-06-03 18:58 | 留学