無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:food( 19 )

food, food, food...


今日は語学学校時代の友人たちと6人(日本人EQくん・オカナツ、香港のKenny, タイのGolf, 台湾のCandiceとスペインのCecelia)でディナー。
1人1品持ちよりにして、Golfのフラットを借りて盛大なディナーになりました。
a0016617_850857.jpg


写真がヘタですが…みんなおいしかったですよ。
特にEQくんのコロッケは涙が出そうだった。
EQくんはここで会った日本人の男の人の中で抜群に料理が上手いが、「コロッケのパン粉はどうしたのか」、と聞いたら、自分で作ったそうで、頭が下がるよ。

Kenny以外は職歴があるので(というかKennyと私以外はMBAなので)なんかサラリーはいくらだとか、どこは給料がいいらしいとか、誰々がクビになったとか、なんか世知辛い話が多かったなぁ…

さて、食べ物ついでに、今日は最近食べた食事を挙げてみましょう。

まずは先日ソルボンヌちゃん&フレンチくん邸でいただいたピザから。

a0016617_8533269.jpg
生地を伸ばします。
もちろんソルボンヌちゃんが生地からこねてます。


a0016617_8541089.jpg
チーズを乗せます。私の手じゃありませんよ。


a0016617_8554864.jpg
焼く前。


a0016617_8564297.jpg
焼き上がり。


匂いを乗せることができないのが惜しまれるくらいとってもいい香りでした。
(4種類のチーズを使ってました。quattro formaggiってヤツですね。
チェダー・モッツァレラ・パルメザンともう1つ忘れた…。とにかくゴルゴンゾーラではない。
そのもう1つのやつは、フランスのに比べておいしくないと2人はぼやいておりました。さもあろう。)

----------------

先日ロンドンに行ったときに食べた石焼ビビンバ!!!
a0016617_8422342.jpg

Nottsは田舎なのでKorean Restaurantがない!
ので、綾さんにお願いしてKorean Restaurantに連れてってもらいました。
夢にまで見たビビンバ!ナムル!カクトゥキ!コチュジャン!

------------------

さらに先日ソルボンヌちゃんとフレンチくんとポルトガル料理を食べに行ったときのもの。
a0016617_901755.jpg

どこがどうポルトガル料理なのかよく分からず。

--------------------

さらに遡って、Audeたちの送別会の時に行ったカントニーズのレストラン。
a0016617_934684.jpg

a0016617_935982.jpg

このレストランはおいしくて値段も手ごろだったのでよく行ったなー。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-27 08:28 | food

BSEの


牛のプリオンが含まれる部位が混入しているミンチを食べると本当にヤコブ病を発症してしまうんですね。
そこの因果関係が本当にあるのかないのか知りたかったのですが、間違いないのか。
今では英国の肉ははっきり言って一番安全なのでしょうけど、日本にいた時テールスープとか飲んでましたのでちょっと怖いです…。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-03-08 07:03 | food

全然勉強を


やる気が起きないのでざくざく更新。

先週の金曜日にまたフレンチくんの、と言うよりはソルボンヌちゃんのお誘いを受けて、クレープをごちそうになってきました。
a0016617_515737.jpg
クレープを自分で焼くのはまあよくあるが、私の母上もよく焼いてくれましたし、マーマレードまで手作りってのがすごい。
結構時間がかかると思う。(ジャムはむかーし母上も作っていたなぁ…大量にイチゴが要るんじゃなかったかな)
マーマレードは、みかんとキウイが一緒に入っていて、甘酸っぱくておいしかった…。
a0016617_5153379.jpg


神楽坂にそば粉のクレープやさんがあってすごく人気で、一度予約せずに行ったら、「予約してきてねマドモアゼル、シルブプレ」ってな感じだったので、2度目はちゃんと予約して行ったんだよ、でもそんな人気になるのが分かるほどおいしかったよ、なんて話をソルボンヌちゃんにしたら、私も日本でレストランを開こうかしら…なんつってました。
彼女はデザートを作るのも上手ですから、本格的にパティシエになったらよいのに、そのときは私もマネジメントに入れてね、CFOかなんかで。

今回もまた何か作って持っていこうかとも思ったけど、クレープ食べるのに和食も野暮だな、と思い、ワインを買って持って行きました。

さて、彼らはインテリジェンスカップルなので往々にしてトークが政治的・歴史的なことが中心になり、恥ずかしいことにそれらのことについてあまり詳しくない私は実は非常に辛いのであります。
今回は日本の第2次世界大戦の歴史について、ここに書くのもはばかられるほど基本的な質問をされたのですが、的確に答えられなかった…と言うか正確な理由を知らなかった。
いえ、絶対書きませんとも(恥)。

でも彼らと話して感じたことは、日本の教育って、「こういうことがありました」「何年にこういうことが起きました」という事実は教えてくれるけど、その理由についてはあまり教えてくれないよね…。
例えば、なぜ信長は近江に、秀吉は大阪にお城を建てたのでしょう、家康はなぜ江戸に幕府を設けたのでしょう、3人とも出身は尾張or三河なのに?とか。

それに、特に20世紀の歴史については、あまりにも透明すぎる。色がない。
例えば2.26事件については、青年将校の反乱、ということしかやらない。
この事件をアホの若者がやったアホな殺人と思うか、方向性はともかく真剣に国を憂えた若者がたまりかねて起こした革命だと思うか、人それぞれの受け止め方はあると思うけど、少なくともこの事件に絡み軍部の上層部がどう動き、時の天皇がどのようにお怒りになったか、ということまでやらないと、2.26事件の背景が見えてこない。
要するに、上記のアホだと思うか、革命だと思うかの判断をする材料すら与えてくれない、ということです。
思想が絡んできてデリケートであるということはわかりますけどね、知れば知るほど面白いなぁ、と思うので、20世紀の日本の歴史は。

…それとも習ったのかな?私が覚えてないだけ?

自分が無知であることを学校教育の責任に転嫁するつもりはないですが、かようにして考えない人間ができてしまうのか、とクレープを食べながら気づいた次第。

フランス人は、と一般化できるほどたくさんのフランス人と接したわけではないですが、自分たちの文化や歴史に対して非常にコンシャスであると同時に、あまり他の国のことに対して興味がないように見える。
少なくとも、日本とフランスの関係で言えば、日本人がフランスのことを意識するほどには彼らは日本のことを意識していないと思う。

例えば、これはこのカップルではなく別のフランス人の子と話したときに知りましたが、彼女は「しょうゆ」を知らなかった。
イギリス人が他国の食事を受け入れているほどにはフランス人は受け入れてないんだろうなぁという感じがする。
それはかの国の食事がおいしいからだろうね。
さはさりながら、日本人は、日本の食事が素晴らしいにもかかわらず、豆板醤もコチュジャンもバルサミコも知ってるわけですよ。
ソルボンヌちゃんに「クレープ食べたことあるの?」って驚かれたけどエスカルゴだって食べたことあるよ、これはパリでだけど(そしてあまり好きではないけど)。

歴史についても、私だってフランスの歴史にそう詳しいわけではないですが、日本は270年間鎖国をしてた、と言ったらフレンチくんは超驚いてて、そうかー知らないのかー、と思った次第。
鎖国をしていた事実と言うのは現在の日本人のメンタリティに非常に大きな影響を与えていると思うので、ご承知おきいただけると幸甚なり。

それにしても鎖国なんてさー、絶対「なんで?」って聞かれるじゃない。
教科書どおり「キリスト教の広まることを恐れたので」と答えるとまた「なんで?」ってなるじゃない。
「神を敬うようになって幕府を尊敬しなくなるから」とか言ってみましたけど(しかも幕府とかわかんないのでKingとかDynastyとか言ってましたけど大丈夫かな?)何でなのかな?わからんな?
ああ、難しい、異文化交流。

あ、また雪だー。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-28 05:14 | food

もろもろその5(くらい?)


うーん、軽く不眠症?
テスト期間中からずっと、テストが終わった今も、4時間以上続けて眠れません…
しんどくなるので昼寝をしてみますが、1時間経ったら目が覚める。
時間は非常に効率的に使えるが、私は本来睡眠時間が十分ないとダメな人間なのに、こんなに毎日眠れないと…

太るよー!!!(何だそのロジック)

それじゃなくても最近、「春場所の新弟子検査受けるんですか」みたいになってきてるのに…このままではあと3年もすれば不知火型で土俵入り…(横綱になるつもりでいるところが図々しい、でも短命、みたいな)

眠れない悩みを書こうと思ったがおデブの悩みに変わってしまった。
--------------
料理酒が手に入らないことを、9月くらいの日記で書いたんですが、先日中国人の友人のフラットで食事をしたときにお酒のものすごくよい香りがしたので、「何使ってるんだ」と聞いたら「紹興酒」だったんですね…
紹興酒って温めて角砂糖入れて飲む、というぐらいしか知らなかったのですが、そうか、お米で作ったお酒だから匂いもなんとなく日本酒と似てるのか、と思い、先日買出しに行ったときに早速買ってみまして、本日使ってみました。

素晴らしい!素晴らしくいい匂い。なんか料理がうまくなった気さえする。
今日は青梗菜も使ってみて、レパートリーが1つ増えて嬉しかったんですが、問題はオカナツ御用達のASDAには青梗菜が売っていないこと…。
うーん…、栽培するか…?←違う
--------------
マイケル(中国人)という友人がいまして、彼のMSNメッセンジャーの名前が中国語表記で意味がわからなかったのですが、どうもスラムダンクの登場人物の名前がずらずらと並べて書いてあったらしい。(桜木とか流川?とか)
で、彼はスラムダンクをはじめ日本のカートゥーンが大好きらしい。

先日も試験を受けるためにメインキャンパスに向かうバスに乗っていたときにそんな話になって、それまでgearing ratioとかvaluation modelとかforecastとか一生懸命覚えていたのに、彼と話を始めたらアリエスのムウ、タウラスのアルデバラン、その次何だっけ?(あ、今思い出した、ジェミニのサガだ)とかなっちゃって…(ご存知ない方もいらっしゃるかも…ちょっと古いマンガなので)そんなもの思い出してる場合じゃなかったんだ!本当は!
アカウンティングのテストの結果が悪かったらマイケルのせいです。(ウソ)
--------------
「英国は雨が多い、と言ったのは誰?」と聞きたいくらい傘をささずにすむ毎日で、英国人のJamesも「今年はいいねー」と言ってたので「アタシ!アタシ!」と猛烈アピールしたいくらいでしたが(晴れ女ですので)、さすがのアタクシのパワーも負けそうな英国の冬のお天気…
雨が多くなってまいりましたよ。
ありがたいことに、私が外に出るとき、そのときだけは降っていないことが多くて、傘をさす機会は今でも少ないままなのですが(晴れ女の意地)、1日中晴れにしておくことはもう無理(ってお前の力じゃねーだろー、今までも)。
もしかしてもう少し眠れればパワーが回復するのかもしれないけど。(なワケはない)
--------------
英国に来て不思議なこと、許せないこと。
1.ゴミを分別しない。
2.図書館の本に平気で字を書く

1.これは最初ものすごいストレスでした…
今でも勝手にビンとか缶とか分けて捨ててますが、結局出す先は同じなので実は意味がない(自己満足)。
こんな意識の低い状態で京都議定書とか調印しないで欲しいし、Environment Reportとかちゃんちゃらおかしいです。
SRIとかで、環境に力入れてる会社に投資しましょう、とかやってる人がいたらもっとおかしい、その前にやることはある。
名古屋に1ヶ月ホームステイせよ。

2.どの本を借りても書込みがあるし、実際私の友人も私の目の前で本に書き込んだ。(彼女はマレーシア人)
はっきりいって書き込みがあることによって便利なこともあるな(そこが大事なポイントなんだ、と分かるので)、と思うようにはなってきちゃったのですが、でも私の受けてきた教育ではありえない…。
--------------
自分に対して。最近携帯の音に対してアンコンシャスになっていてよくないです、私。
授業の前にオフにするのを忘れてピコピコやらかしてしまいました。
携帯のマナーにうるさい(電車やバスの中では携帯禁止、ってなんと素晴らしいルールだったかと思う)日本から来た人間として大反省。ごめんなさい。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-28 13:13 | food

お料理


最近友人がフラットに訪ねてきてくれることが多く、人と一緒に食事ができて嬉しいのですが、それにつけてもレパートリーの少なさに困っております…。

日本にいたときは、同じ献立を二度食卓に出したことがないほど、黒柳徹子さんばりに日替わりで色々作っていたのに(もちろんレシピ見ながら)、こっちに来てからは同じようなものばかり食べている…。

昨晩は昨晩で男前くんが来てくれまして、彼は髪の毛をスカッと切って男前度がガッツリアップ(ちょっとチンピラっぽいですが(笑))、これはいい目の保養だわ、とおいしくご飯をいただいたわけでありますが、それにしても夕べも夕べでご飯の献立に困った…

常々、こっちでは手に入る食材が少ない、ということを言い訳にしていましたが、こっちで手に入る食材で作ってみよう、という努力を怠っているだけでは、ということに気づきまして、それではいけない、寮母失格。
というわけで時間のある1月2月は、お料理強化月間に指定しました。
今から早速買出しに行ってまいりまする。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-26 21:02 | food

怒涛の更新第2弾:フレンチくん編


年末の日記にたびたび登場したフレンチくんからディナーのお誘いをいただいて、昨晩お邪魔してまいりました。
彼はソルボンヌ大卒の才媛ガールフレンドと一緒に住んでいると言っていたので、彼女にお目にかかれることも楽しみにしてました。
勝手にソフィー・マルソーとかオドレイ・トトゥみたいな華奢でお人形さんみたいな女の子が現れるもんだと思ってたら、意外や意外、フレンチくんより背も横幅も一回りくらい大きい、どちらかと言えばゲルマンな彼女が現れてちょっとびっくり。(と言うかフレンチくんが華奢なだけなんですが)

お呼ばれして手ぶらで行くのもな~と思ったので、色々考えた末肉じゃがを作って持って行きました。
麻婆豆腐に逃げようかとも思ったのですが、
1.和食じゃない
2.肉じゃがはこちらで手に入る食材で作れるが、麻婆豆腐は母上からの救援物資に頼って作るため(すみません、豆板醤から作ってるんじゃないんです…)貴重な食材が減る
という非常にクリティカルな理由(どこが)により、肉じゃがを採用。

宗教上の理由等で牛肉が食べられないといけないな、とか(これは、フレンチくんが作ってくれたディナーにビーフもポークもチキンも登場していたので杞憂に終わる)、私自身こちらの国の牛肉が好きではないこともあって、鶏肉で作ろう、とか、おかずが甘いのを嫌がる人もいる、というのを聞いたことがあったのでみりんとお砂糖は気持ち少なめにしよう、とか、色々考えちゃった…。

フレンチくんはUnderを卒業したあとに(なぜか)インディアンレストランで働いていたとのことで、本日のメインディッシュはインディアンフード。
さらにデザートはパティシェソルボンヌちゃんの作るクレーム(と彼らは呼んでいたがプリンですな)、ココナッツケーキ、ブラウニー、チョコレートムース。
私の肉じゃがが貧相に映るほど(いや、実際貧相なんだろう)それはそれは豪華な食卓でございました。
a0016617_17413098.jpg
(手前のタッパーに入っているのが肉じゃが…)
でもソルボンヌちゃんはとても優しくて、私の肉じゃがのこと「これおいしいねー。このあともう何も食べたくないと思うくらいおいしい」とまで言ってくれたんですよ、感激、メルシー、トレビアン。

しかし彼らは私の憧れる欧州人のライフスタイルを地で行ってますな。
1.フレンチくんが(男性が)とても甲斐甲斐しい
2.色々手作り
1については、フレンチくんが一番キッチンに近い席に座り、「オカナツ、そのフライドライスは冷めてない?」と言ってはマイクロウェーブで温めてくれたり、「ソルボンヌ、次何食べたい?」と聞いては取り分けてくれたり、まあいいからあんたも落ち着いて座って食べんさい、という感じ。
日本じゃ考えられん!こんな人をだんなさんにしたい!

2ですが、彼らは、パンも自分たちで焼くんですって。クロワッサンにもチャレンジしたことあると言ってました。
クロワッサンは昔よく母上が焼いてましたがかなりめんどくさいと言っていたので、「結構手間がかかるんでしょう」と聞いたら、ソルボンヌちゃんが「うん。フレンチがトライしたけど結構大変だったみたい」と言ってました。
その他、「今日はTESCOで買って来たピタだけど、いつもは自分たちで焼くんだよ。時間はかかるのが難点だけど、その方がおいしいもの」
私がナンが好きだと言えば「じゃあ次はナン焼いてあげるね」
等など、なんと優雅で健康的で充実した生活か。

私自身、「スローライフ」「スローフード」という理念に非常に共感しており、私が料理を始めた理由のひとつでもあったのですが、彼らの生活を見るとまだまだだなぁ、と思う。
お料理が、彼らのようにエンターテインメントの域にまでは行っていないものなぁ。

まあそれで豪華な食事を済ませたあと、Lost in Translationを一緒に見たので、フレンチ邸をおいとましたのがもう日付も変わろうかという頃。
Friday nightだしいいか、とならない理由があって、実はこの土日はフレンチくんバイトなんだそうです。朝8時には家を出なければならないらしい。
いえ、あなた休みなさいよ、働きすぎですよ。
それにしても、勉強に、お料理に、バイトに、こんなにまめまめしく動くフランス人がいるとは。
帰りは私をフラットまで送ってくれまして、さらにジェントルでもある…
ソルボンヌちゃん、あなたは幸せものだよー、こんなに素敵な彼氏がいて…。うらやますぃ~っす。(←かなり本気でうらやましがってます)
ずっと仲良しでいてね。そしてナンを焼いたらまた私を招待してね。(ってナンが食べたいだけじゃないのか…)

ちなみに、ブラウニーとココナッツケーキをソルボンヌちゃんがたくさんお土産に持たせてくれました。
1人じゃ食べきれないくらいのボリュームなので、食べたい人はオカナツフラットに集合です(こればっかり)。
a0016617_17414232.jpg

肉じゃがとフライドライスの間にあるのがプリン、後列左からココナッツケーキ、チョコレートムース、ブラウニーです。

そうだ、フランスに行ったときに疑問だったのが、デザートが終わってからコーヒーが出てくること。
しかもフランスのコーヒーってエスプレッソのような濃縮されたこゆーいやつなので、ぜひあまーいデザートと一緒に出して欲しいとデザートのたびに思っていたのですが、いつも私がデザート食べ終わるのを見計らってから出してくれる。
何でか聞いてみたところ、「うーん、Just for digestion?(消化のため?)」みたいな感じであんまり納得のいく答えではではなかったのですが(笑)、とにかく彼らは英国のコーヒーは嫌いだと言っていた。
カップがやたらでかい、色付きの水だって。
スターバックスは"not bad."だとフレンチくんは言ってましたが、なんとソルボンヌちゃんはスタバに行ったこともないらしい。
コーヒーショップなんだ、あれ?みたいな感じ。おいおい、スターバックス"コーヒー"って書いてあるやん、しかも匂うし。
かっこええー、全然アメリカのものに興味を示さないその姿勢。
私もコカコーラは買ったことないのちょっと自慢だけど、スタバには行ったことあるもんな…。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-23 10:07 | food

お雑煮


昨日は私のフラットに友人にいらしていただいてお雑煮をいただきました。
レッズさんに持ってきていただいたお餅、おいしゅうございました!
その後みかんを食べまして、これでコタツがあってテレビでニューイヤー駅伝でも見てりゃ完璧でした。(それはムリ)

ムジークフェラインのニューイヤーコンサートはどうでしたか?
今年はロリン・マゼールだったんですよね。
あのムジークフェラインの華やかな様子を見るだけでも楽しいのにな、今年はそれが見られなかったのが残念かな。
で、今ニュースを見たら…今年ラデツキーマーチやらなかったみたいですね。
スマトラ沖津波の被災者への配慮だとか…驚きました。
うーん、世界で苦しんでいる人がいるのにそぐわない、という理屈は分からなくもないけど…イラクやアフガンのときもやっていたわけで…
複雑だわ…。

それから雅子様が一般参賀にご出席なさったそうで、嬉しいニュースです。
写真で見る限りはお元気そうで安心いたしました。
雅子様と紀宮様が笑顔で談笑なさっている写真は非常にほほえましゅうございました。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-02 19:58 | food

年越しそば(うどん)を


年が明けちゃってから食べた場合はどうなるんでしょうか…
本日はまた私のフラットに友人においでいただき、年越しうどんを食そうと、23時くらいになったら準備しようと思っていたのですが、話をしているうちに23時40分くらいになってしまい、できあがったのは0時過ぎ…

ごめんね、みんな。
うどんを食べながら、今年の目標は…「卒業!」と言ってました。

日本だったらゴ~ンと厳かな鐘が鳴って、長野・善光寺です、とかやってる時間帯だねーとか言いながら、窓の外の喧騒を聞いていました。
うちのフラットのキッチンからは見えなかったですが、花火が上がってるようでした。

遅くまでお付き合いいただきありがとう。今年もよろしくお願いいたします。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-01 14:08 | food

resource roomで


会ったお友達が晩ご飯に誘ってくれましたー、やったー。
彼女たちのフラットはみんな仲がよくて、お互いに料理を持ち寄ってみんなで食べているみたいなので、色々ごちそうが出てきていいなぁ、と思っていたのだ。
待ってるよ、Flick、君の電話を。

---------

Flick邸で彼女のダーリン、フラットメイト、友人その他集まって総勢9名でおいしくディナーをいただきました。
Flick、あなたはすごい、名コックだ。見習うわ。
誘ってくれて本当にありがとう。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-12-26 03:02 | food

日本に帰ってやりたいこと


追加です。

1/1に国立に行きたーい。

そうです、浦和に勝ったのですよ、素晴らしい。
しかもゴンと俊哉のゴールですって。

あと今恩人氏と少しだけボイスチャットして思ったこと。
1.日本橋の焼肉屋さんに行きたい(肉族ランチと称してよく行っていた…)
2.牛タンが食べたい
3.キムチ鍋が食べたい
2.ですが、日本橋・八重洲界隈で2,3よく行っていた牛タンやさんがあったのですが、そのうち1つが無くなってしまったそうだ…
よく流行ってたお店だったので、このBSE禍がなければ、と思うと残念でならん。

うーん、食べたくなってきたぞー。
こんなこと書くのは精神衛生上よくないわ。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-12-25 18:37 | food