無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:concert/musik( 33 )

ぶひー!!!


聖響さんのブログを読んだら、25日に大阪への移動の途中で名古屋で降りて県芸でコンサートを聴いたと書いてある。

客席に座って聴いてたのかな…。だよね、楽屋とかじゃ良く聴こえないもんね、きっと。

先週は東京でベルリンフィルとウィーンフィルを聴いた、とも書いてありましたが、名古屋の県芸と聞いてガゼン悔しくなるのはなぜでしょう。
県芸だよ~正月行ったとこですよ、隣に聖響さんが座ってたりすることがあるかもしれないってこと?
なんか知らないけど、すごーい悔しい。

ちなみに聖響さんはそのコンサートの指揮者(ロジャー・ノリントンさん)の方と音楽へのアプローチの方法が一緒なんですって。
なので、一度お話してみたかった、というようなことが書いてありました。
確かにこの日本公演で演奏する曲目もベートーヴェンばかり…。

ノリントンさんのお名前にはサーがついてます。
つまり英国人ですね。
私がこちらにいる間にコンサートやってくれないかな、Nottsで。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-11-26 07:19 | concert/musik

ジーコ・ジャパン・ドリームチーム


に名波選手が選ばれてます。
もちろん青い、胸に八咫烏のついたユニで出るんですよね…
背番号は10ですよね。

わー見たいー。名波が代表のユニでプレーするのを見たい。
カズやゴンにやさしいパスを出すところを見たいよ。

-----------

地元では盛り上がってるのかちょっと謎な愛・地球博ですが、個人的にはむちゃくちゃ興味があります。
万博に興味があると言うよりは、万博の理念に共感しているのです。
さて、来年の開会式のコンサート、コンダクターは佐渡裕さんだって…。
また贅沢な…。

今年の春も、万博開幕1年前記念、とかで、やっぱり有名な人を招いて結構派手なコンサートをやっていた気がする。
本当にトヨタさまさまです。

佐渡さんが振るからにはバーンスタインかな…?
キャンディードの序曲とかだったらいいのにな、聴きたいな。
それか万博用に新しく曲ができるのかしら。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-11-25 12:22 | concert/musik

もろもろその1


なぜ図書館に来てまずブログの更新をしているのでしょう、私は。

中古で買ったCDラジカセ、ラジオしか使えないよ、と言われ破格の安さだったのですが、自分で手当てしてCDを聴けるようにしました。
で、今佐藤しのぶさんのアリア集を聴いております…。
このCDは「オンブラマイフ」とか「恋とはどんなものかしら」とか色々入っててお得なのですが、特に「私のお父さん」を聴くと、私がなぜ欧州に来たかったのか、なぜここにいるのか、ここで勉強したかったのか、初心に戻れる気がする。

最近英国のオペレーション能力の低さを批判してばかりいますが、日本にないもの(というより日本人が効率化の名のもとに捨ててきてしまったもの)が欧州にはまだまだたくさんあるなー、と、初めて欧州に来たときに感じたのでした。
まあその旅行先がイタリアだったので「私のお父さん」を聴くと…、というロジックなんですけど。

昨日ASDAに行ったときに、ASDAの隣にあるパブで看板を塗り替えてました。
おじさん二人がはしごに登って、二人がはしごを抑えて。
たぶん、業者に頼んでるんじゃなくて自分たちでやってるんだろうな、あれ。
なんとなく、ああ、こういう風景が好きで私は欧州に来たかったんだ、と思ったんです。

なんか佐藤しのぶさんのCDに癒されてるなぁ、私。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-11-21 20:55 | concert/musik

友人より


聖響さんと松井秀喜ネタのリクエストがあったので、喜び勇んで書いております。
ラップトップに向かってするべきことはほかにあるだろう、という気もしなくもないですが、そこはそれ(ってどれ)です。

ヤンキースの松井選手が女優の酒井美紀さんとお付き合いしている、という報道を見て、あれ、聖響さんはどうなったんだ、と思ったのは私だけではないはず。

聖響さんというのは私の大好きな指揮者で、見た目も素敵だし、お話しているところも素敵です。
あ、もちろん、指揮している姿は本当に素敵。
初めて彼が振っているのを見たとき、指揮者ってこんなにセクシーな人種なのか、と衝撃でした。
サントリーホールのP席のチケットを買って、オペラグラスで聖響さんを正面から見るのが何よりの楽しみでした…。

まあそれくらい(ってどれくらい)ファンなのですが、聖響さんが酒井美紀さんの恋人だと知ったときは、「う~ん…まあ彼女だったら許す」(というのもかなり不遜ですが、女性の方には私の気持ちが分かると思う)、と思ってました。

で最近の松井報道が出たので調べてみたら、どうも聖響さんとは2002年末に別れていたらしい。
え!じゃあ私がサイン会に行ったときは(って行ってるんですけどね、そんなところにも、私ったら)酒井さんとは別れてたってことか!
襲い掛かればよかった、ってそんなことしたら逮捕されますけど、チャンスがあったってことかなぁ。(っておい)

まあそれはいいんですけど、それで私聖響さんのHPを見るのを楽しみにしていて、というのもブログがあって、色々書いてくれているのが面白いんですよ、ブラームスとかベートーベーンとかも書いてあるけどサッカーがどうだったとかオリンピックがどうだった、とか。

で、松井選手のことも結構出てくる。

えーこれって元カノの今の彼氏ってことじゃーん。

と、例の報道後には思ってしまうようになった…。
まあどういうお付き合いの仕方をしていて、どういう別れ方をしたのかなんてわかりませんので、もうなんのわだかまりもないのかもしれませんけど、なんか下世話ですみません。
いやだわ、私。

それにしても聖響さんと松井選手かー、私だったら間違いなく聖響さんだけど、松井選手のほうがお金は持ってるだろうなー。(果てしなくいやらしい私。)
ちくしょー上手いことやってやがる、白線流し。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-11-12 05:54 | concert/musik

首絞められそうですが


またロンドンに行って来ちゃいました…。
理由は、ベルリンとかけてバーミンガムと解く、そのこころは、と言う感じです。
Promsのスケジュールを見て、どうしても9月5日のPromsに行きたいと思ったのが5月初め。チケットを取ろうとアプライしましたが、あえなく抽選で外れました。まあそんなもんだろう、ラジオで聴こう、とずっと思ってましたが、先週一緒にPromsに行ったお友達(彼女は赤い門のある大学をご卒業なさっているという大変な才媛です。しかもずっとバイオリンを習っているというんだから美しすぎる生い立ちです)に、実はこの次の週のPromsに行きたいと思っていてさ…と言ったら、「行きたい!!!立見席とかないかな」と言うので、先週行ったときに尋ねてみたわけですよ、窓口の人に。

そしたらさ、あるって言うじゃありませんか、立見席。しかも4ポンドですってよ。日本じゃ映画も見られないよ。私たち、悩んだ末に行っちゃった…。
Royal Albert Hallに着いたのが13時半頃。とりあえず様子見て、どこかでお昼を食べてから並ぼう、なんて思ってたけど、着いたらすでに列が出来てた…。
仕方がないので我々も劇場内のカフェで軽食を買って、新聞敷いて地べたに座って並びましたよ。

この日のロンドンはお天気がよくすごく暑くて、ここでも晴れ女ぶりを発揮してしまいました。(私の晴れ女が徹底していると思うのは、晴れて欲しい日はそれとともに必ず暑くなる)幸いなことに我々の列は日陰にあったので、ご飯を食べて座ってたら心地よくなって眠くなってきちゃったんですわ。

この日は才媛ちゃんと私のほかにもう1人寮でお友達になったお嬢さんと3人で行ったのですが、それぞれにプロジェクトや宿題を抱えており、並びながらも勉強しよう、という意気込みはあったのだけど、結局意気込みしかなかった。いや、本当は意気込みすらなかったやも知れぬ…。

並ぶこと4時間、17時半過ぎに何とか入場でき、立ち見の場所を確保して、少し寝て、18時半に合唱団とオケと、そしてサイモンラトルが登場。それ以降の感想はconcertのページに譲りますが、なんかもう不思議な感じだった。

ああ、楽しかった!

ちなみに行きの電車でも勉強するつもりだったんだけど、すごいなまりのきつい、でも超おしゃべりなおじさんが隣に座り、ずーっと話し相手をさせられて大変だった。その人の言ってることの4割くらいしか分からなかったと思う。とか言って、勉強しなかったのをおじさんのせいにしてみたりして。おじさんも心外だろう。

近畿地方で大きな地震が何度かあった模様。大事に至らないといいのですが。
a0016617_1831215.jpg

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-09-06 07:57 | concert/musik

日帰りで


Londonに行って帰ってまいりました。
今週の月曜日はBank Holiday、日本で言うところの旗日(いまどき言わないのか?)で、つまるところ3連休だったのです。
最初はエッセイに取り組もう、と殊勝なことを考えておりましたが、この何もないところに3日も引きこもっているのもなんだかもったいないなー、と思ったのと、いいかげんきれいな音楽に触れたいと感じた(CDをほとんど持ってきておらず、インターネットもテレビもラジオもない環境なので)ので、そうだ、街のコンサートホールにでも行ってみるか、と思ったのでした。

そんな矢先、たまたま今とても仲良くしてもらっている日本人のお友達に「クラシックでも聞きに行こうかと思ってて…」とポロっと話したところ、実は彼女はずっとバイオリンを習っていて私などとは比べ物にならんほど音楽に造詣が深く、とにかくクラシックが大好きだということが判明。

せっかくだから街でやってるよくわからんコンサートではなくて、足を伸ばしてちゃんとしたやつを聴きに行こう(ロイヤルコンサートシアターよスマン)、ということになり、じゃあプロムスに行こう、ということになったのでした。

NottinghamからLondonまで鉄道で約1h40min、往復で7,000円くらいで行かれます。Londonは食費がバカにならんのですが、コンサートのチケット代は2,000円くらいなので、食費を入れても15,000円くらい。One-day tripとしては悪くないかなー、と思いますがどうでしょう?

というか、Royal Albert Hallで音楽を聴く贅沢とか幸福感はお金に換算できんよ、マスターカードのCMみたいになってますが。(コンサートの感想はこちら
寮で友達になったドイツ人も、「君ロンドンに行って正解だよ、3日も休みがあるのにずっと勉強するなんておかしいよ」、ぐらいのこと言ってたし。(ちゅーか彼自身かなり暇をもてあましていたらしい。Why don't you come with us?という感じですが。)

とまあ自分の行動を猛烈に正当化しておりますが、あのときロンドンに行かずに勉強しておくんだった…という結果にならないことを祈ります。
a0016617_18315832.jpg

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-08-31 07:35 | concert/musik

やはり

Promsは当たりませんでしたわ。まあわかっちゃいたんだが。何かほかのものを聴きに行こう。
[PR]
by mugeitaishoku | 2004-06-15 17:17 | concert/musik

テレビを

ほとんど見ない私ですが、今朝何気なくテレビをつけてチャンネルをカチャカチャしていたら、私の大好きな指揮者聖響さんがタクトを振っており、釘付けになってしまった。
「題名のない音楽界」という番組だった。リストの愛の夢第3番なんちゅーロマンティックな曲をまろやかにコンダトする様子にうっとり。出光興産さん、ありがとう!

先日は先日で、深夜番組なんぞを見るともなしに見ていたら、(私の中で)伝説のお笑いコンビ、ジャリズムがネタをやっていた。しかも新ネタ。彼らは何年も前に喧嘩別れに近い形で解散しており、惜しむ声は多かったが再結成は難しいと思われていた。今年の2月ごろに一度だけ2人でステージをやるという話を聞いたときはとても驚いた。チケットを入手しようと頑張ったが、やはり無理だった。

彼らは復活したのかな。しげちゃんは、解散後ピンでやっていたようだけど、やはりあつむくんにつっこんでるしげちゃんを見るのが一番いいなぁ。あつむくんは才能豊かな人で、解散後は構成作家として成功していたようだけど、やっぱり現場、と言うかステージが好きなのかな。期間限定なのかもしれないけど、ジャリのネタを見られると言うのはやはり嬉しい。もう一度見たい、ラップ葬式。

まあこんなこともあるので、たまにはテレビをつけないといけませんな。
[PR]
by mugeitaishoku | 2004-06-13 16:28 | concert/musik

馬車馬のように

歯医者に行っている。(表現がおかしいが)英会話か教習所のノリで予約を入れまくりだ。イヤなことは早く終わらせたい…。

ずっとブツブツ言っていたPromsですが、返事きました。私が勘違いしてた…。チケットの受付は29th Apr.からだけど、allocationは17th.Mayからだって。

まだallocationのプロセスは始まってませんのでavailabilityは分かりません、というメールまでもらっちゃいました。

でもそれだったら早い者勝ちじゃなくって抽選かもなー。"allocation"って言葉使ってるもんなー。

あああーベルリンフィル…ラトルの第九…。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-05-13 16:40 | concert/musik

Proms2004〔再び〕

にどうしても行きたくて、チケットの申し込みをしてしまったのが3日…。Availabilityを確認してすぐにメールするわねって言うオートリプライが来たあと何の連絡もないぞ!!!

日本は大型連休だったが、英国は違うだろうが!!!働けェェ!!!

こうしてる間にもサイモン・ラトルの第九なんていう有名どころのチケットはあっという間になくなってしまうのではないかと不安なのである…。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-05-06 17:38 | concert/musik