無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 06月 26日 ( 3 )

フレンチくん&ソルボンヌちゃんネタ


でもう1つ。
フレンチくんとResource Roomで話していたときのこと。

フ:「日本のPrime Minister(首相)ってハンサムだよね~」
私:「は?Are you Serious???」

先日2人のおうちにお邪魔したときのこと。

ソ:「日本のPrime MinisterってGood Lookingだよね~」
私:「ホントにそう思う?この前フレンチくんもそう言ってたよ」
ソ:「そうなんだ?でもかっこいいと思うよ」
私:「ドビルパンの方がよっぽどハンサムじゃん!!!」
と言うと、
ソ&フ:「うん、ドビルパンに似てるよね、髪型とか」

髪形しか似てないじゃーーーーん。(心の声)

いえ、別に小泉さんがブサイクだとか言いたいわけじゃないんですけど、かっこいい男性を見慣れているのであろうフランス人をして、小泉さんをかっこいいと言わしめる、それほどのかっこよさを見出すことはできないなぁ、と思っているわけで…

でも彼らがどこまで日本の歴代の政治家のことを知っているかわからないけど、今までの首相とは違っていることは確か。
たぶんサミットとかで他の首脳と並んでも恥ずかしくない総理大臣であることは確かだよね。

でも、でもね…
私ベルギーに行った時、小泉さんの出ている愛地球博のCMを見てしまったの…

「でぃすかばーじゃぱん」

…あとなんか言ってたな、とにかくおいらは笑い転げたね、ホテルのベッドで。

NOVAの鈴木さんかい!!!

ロンドンに留学していたというのは本当なのかしら、と思ってしまうほどの素敵な発音でしたとさ。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-26 14:05 | 留学

Which of the following are you most sorry to see leave the tournament?


バースデー帰国“モテ男”俊輔の海外争奪戦キックオフ!

この記事を読んでFIFAのHPを見た。(以下は英国時間の25日21時時点の結果です)

すげー、英語・ドイツ語・スペイン語・フランス語合計のトータルではスンスケマジでダントツ。
36%。
2位のオーストラリアのJohn Aloisiが20%。
3位:Masashi Oguro…大黒将志!11%。

このリサーチが面白いのは、各言語毎の調査も載っていること。
以下各言語毎の調査結果も見てみましょう。

【英語】
1位:Shunsuke Nakamura 43%
2位:Masashi Oguro 14%
3位:John Aloisi 13%

【ドイツ語】
1位:Otto Rehhagel…監督じゃん、ギリシャの! 29%
2位:John Aloisi 22%
3位:Shunsuke Nakamura 19%

【スペイン語】
1位:John Aloisi 48%…この占有率もすごいですね。
2位:Shunsuke Nakamura 16%
3位:Antonios Nikopolidis (ギリシャ) 13%

【フランス語】
1位:Santos(チュニジア) 29%
2位;Shunsuke Nakamura 25%
3位:Haykel Guemamdia 11%

面白いっすねー。
英語でのこの結果は日本人の票がたくさん入っているのでしょうね。
オーストラリアのJohn Aloisiという選手はオサスナでプレーしているのでスペイン語圏の票をたくさん集めているのでしょう。
フランス語の結果に関しては、チュニジア人が投票してるんだろうな、あそこはフランス語が通じるらしいから。

こうやってニュースになってしまったので、これからたくさんの日本人がこのサイトに訪れるでしょう(私もこのニュース見て来たし)。
私は投票はしなかったけど、今後の結果に関しては、なんとなく客観性は損なわれるような気はする。
いつぞやのオールスターのファン投票で川崎が1位になったようなものですね。(そりゃ言い過ぎ)

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-26 05:32 | sports

結婚とは


先日またフレンチくんとソルボンヌちゃんのお宅に遊びに伺いました。
話していておもしろいなーと思ったことをいくつか。

(1)まず2人とも結構racismなところがあります。
フレンチくんは白人ではありませんが(パキスタン系)、アフリカ系黒人のことをよく思っていません。

先日3人で街へ食事に出かけた時、近くのテーブルに黒人の若い女の子が8人くらい座っており、非常にやかましかった。
確かに不快になるほどのやかましさではあったのですが、
「全く黒人はコレだから…」
のように言っており、さらに
「だいたい黒人ってバカなんだよねー、いつもstupidな質問しかしない」
とstupidを連発していました。

わーここまであからさまに言っちゃっていいのか…と聞いててちょっとびっくり。

さらに2人とも中国人に対してもあまりいい感情を持っていないように見受けられます。
それはある程度仕方がないか、と思う部分もあって、英国の大学院に来ているのに圧倒的な数の中国人、共通語は中国語なのか、と思うほど飛び交う中国語、マイノリティの人間から見てあまり気持ちのいいものではないかもしれない。

彼らは中国人カップルと同居しているのですが、そのカップルが色々汚すので(私もフラットで同じ悩みを抱えているが…だから私がせっせと掃除しているのです)
「私たちは汚いのが嫌いなのに!」
と怒っています。

でも私はこの2人の態度をどうこう言いたくてこのことを書いたのではありません。
欧州においてこういう側面があることは現実ですし、それをたまたま私の知っている人もしていた、というだけに過ぎない。

(2)では日本人はRacismなのかどうか、という話しになって、私が
「イギリス人の男の子に『日本人はRacismだ』と言われたことがあるよ」
と言うと、フレンチくんが
「それは日本には外国人が少ないから珍しいだけじゃないか」
と言ってある例を教えてくれました。

彼のクラスメイトにアフリカのどこかの国から来た人(どこの国か忘れたそうです)がいて、その人が日本で英語を教えていたことがあるそうです。
でフレンチくんが、日本の状況について質問したところ
「街を歩いていてものめずらしそうに見つめられたことはよくあったけど、暴力を受けたり、差別されたり、ってことはなかった」
と言ったそうです。

なんか理解できる。
黒人なんて、六本木にでも行かなければ見ることないし、テレビでもサンコンさんかムルアカさんかボビー・オロゴンくらいしか見ないもんねぇ…

日本人は黒人に対してはそれほど差別意識はないけど、もっと近い民族に対しては…(以下自主規制)

(3)ソルボンヌちゃんが聞きました。
ソ:「日本って電車の中にハラスメントがあるって本当?」
私:「うん。ほんと」
フ:「ええ~?どんな?」
私:「お尻触ったり胸触ったり」
ソ:「だから女性用の車両ができたりしてるんでしょ?」
私:「うん」

私があまりにも平然と、よくあるよ、という感じに話すものだからフレンチくん眼を見開いて絶句。

フ:「オカナツもされたことあるの?」
私:「若いときは(笑)」

って笑いとってる場合じゃなぁーいー。

私:「ってかないの?フランスは?」
ソ&フ:「ないよ!!!」

…ないんだ…。
日本の電車はむちゃくちゃ混んでいて、女の人は逃げるスペースがないし、やっているほうも見つかりにくいので、このような卑劣な犯罪が起きるのだ、と言っておきました。

前回の援助交際といい、痴漢といい、よくあると思っていた性犯罪が実は日本特有のものだと知って愕然としたのでした。

(4)フレンチくんはものすごくソルボンヌちゃんを愛しています。
学校ではとてもしっかりしていて勉強もよくできる人ですが、ソルボンヌちゃんにはとても甘えている(のが見てて笑える)。

彼は9月から就職のためバーミンに引っ越すのですが、住むところが決まらないためはじめの1ヶ月は会社が用意してくれたB&Bに住むことになっているんだそうです。

で彼は会社に聞いた。ソルボンヌちゃんも一緒に住めるのか、と。
答えはNo.
そりゃそうだよね。

で、
「その1ヶ月のあとはどうするの?」
と聞くと
「まだわかんない。でもソルボンヌと一緒に住めるよう会社に頼んでみる。」

おおー。

「ソルボンヌは、『最初の一ヶ月は仕方がないからフランスに帰るよ』と言ってくれているけど、それ以上離れて暮らすのはいやだ」

おおおーー。

私:「フレンチくんはソルボンヌちゃんのこと愛してるんだねー」
フ:「Of course!」

もうおいら何も言うことはないっす。

(5)さて、今日のタイトル。
結婚はしないのかという話しになって、フレンチくんが言った言葉。
"It's not a fashion."

えーfashionの問題かー結婚って?

私:「日本では結婚することで社会的な信用も得られるし、法的にも色々メリットがあるし、特に子どもが産まれたりしたら、親が結婚していないと世間的にも法的な保護の問題でもその子がかわいそう」

フ:「フランスでは結婚しててもしてなくても同じだけの法的な保護が得られるし、結婚する時いろんな手続きにお金がかかるのでぶっちゃけめんどくさいんだよねー。
離婚する時はする時でまたお金がかかるし」

ふ~ん…そういうもんなんだ…
おいらはめんどくさくてもお金がかかっても結婚したいかも…

いやー長々お読みくださってありがとうございました。
ご意見ご感想お待ちしております。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-06-26 04:29 | 留学