無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 05月 01日 ( 2 )

チェルシー


優勝であります。

まあ今期は結構ぶっ飛ばしていたので時間の問題かと思っていたが。
おいらはチェルシーのファンではないですが、先日スペインのホテルでチェルシーvsバイエルンで4-2かなんかで勝ったホームの試合を見たときにつくづく思いました、結構いい選手多いよねぇ、チェルシーって。
ダフでしょ←彼が一番、ランパード、テリー、マケレレ(ここにいたのか!って感じ。レアルから直接チェルシーに来たのかな?)そして今の私の一押し

ジョー・コール!

かっこいいんですよ、彼。ベッカムよりりりしくて、ベッカムよりもアジア人に受けそうな感じだと思うんだけど…スタイルあんまりよくないけど。
(ちなみに上のリンク先BBCのサイトにジョー・コールのインタビューがアップされていたのでわくわくして見てみたら、画像がボロボロで超ガッカリ…)

アブラモビッチさんが来た時は金にあかせてクレスポやらベロンやらいっぱいとりましたが、そういう、巨人で言えば小久保とかローズとかペタジーニみたいな選手はだいぶいなくなっちゃって(ペタももういないけど)、結構地味で堅実な選手でやっている印象、巨人で言えば仁志とか清水とか二岡とか慎之介とか。

まあしつこく巨人に例えたわけは、ですね、

必ずしも外から高い金で買ってきた選手が使えるとは限らない

ってことですよ!!!
巨人4月負け越しらしいじゃないですか!
ManUだってファーディナンドにアラン・スミス(←当時リーズをちょっと応援していたのでファーディナンドの移籍はちょっとショックだった)、ルーニーまでとったのに、優勝から遠ざかりまくりじゃん!!!

いや、いいよ、チェルシー地味でさ。
三木谷さんもさ、とにかく一年我慢してみたらいいのに、そしたら地味な選手が活躍するかもしれないよ。

ところで全く関係ないですが、眞鍋さんのブログ、原宿のドラッグストアネタ超面白いです。
彼女ものすごくセンスありますね、素晴らしい。

追記:弟からメール(なんか家族総出ですみません)。
なんが、チェルシーは生え抜きばっかりで頑張ってる、と捉えられかねない書き方をしてすみません。
確かにダフも違うしジョー・コールも違う。
ただ、地味な選手が頑張ってる、ということを言いたかったんだな、巨人で移籍してきた地味な選手、でも活躍してる選手っていないかな…

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-05-01 06:11 | sports

最後のエッセイ


このところいささか過激なことを書いており、「言論のバティ」(←結構気に入った)の本領を早速発揮しておりますが、私が本来やらねばいけないのはこんな便所の落書きのようなことではなくて、

3000wordsのエッセイを仕上げること!

なんだ!ってこんなことをわざわざここで声高に宣言しなくても分かっていたことなんだが。

色々読んだり考えたりして、レクチャラーが何をさせたいのかはわかってきたのだが(メールまで出して聞いちゃったもんね)アイディアが断片的にふわふわしているのみで、それをどのように紙に落とし込めばいいのか、ストラクチャーが決まらない。

英文でも「言論のバティ」パワーが発揮されればのう…(涙)

ま、晩御飯もいただきましたし、スペイン人並みに昼寝もしましたんで、エナジーチャージは十分であります。
「エッセイのヘンリクラーション」になれるよう頑張ります。(全くもって意味不明)

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-05-01 05:30 | 留学