無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 02月 16日 ( 3 )

つくづく効率の悪い


と言うか頭の悪い、この寮の管理の人間は。

月曜日学校から帰ってくるとお手洗いの扉にフラットメイトの手になる貼り紙が。

「今日メンテナンスが来てから鍵が閉まらなくなったので、直るまでの間、この"Dont disturb!"の札を掛けてください」

は?

メンテナンスって何の?「給湯器の調子が悪いので、取り替えてください」、というお願いはしていたが、鍵については別に何も問題はなかったんですが?
で鍵を取り替えたら閉まらなくなるって何?意味あるのそれ?

で、火曜日。「鍵直しに来た?」ってフラットメイトに聞いたら、「来たけど、片方しか直ってないよ」(お手洗いが2つあるので)だって。

う~ん、バカですかあなたたち?
何度も何度も何やってるんですか?
お手洗いの鍵が閉まらないってどういうことだか分からないのかな?

何がいやかって、「ああそう、早く直るといいね」で片付けられるような自分になったことがいやだ。
日本だったら激怒りで電話かけまくるところだ。時間外でも直しに来させるところだ。
郷に入っては郷に従えですからそこまでしませんけど、こんな頭の悪い人間に管理されている寮なんて一刻も早く退出したい。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-16 20:39 | 留学

北朝鮮戦を振り返る


のは私ではなくレッズさんなのですが。

北朝鮮戦の大黒のゴールの映像を見るたびに、北朝鮮のキーパーがとてもお粗末なのが気になります。
(普通は小笠原のクロスはキャッチできる)
イ・ハンジェ(広島)とアン・ヨンハッ(新潟、このッは気合を入れて発音するのだろうか?)は在日の方です。
北朝鮮戦の前には彼らにインタビューが集中していました。
北朝鮮戦異様にぴりぴりした雰囲気をかもし出すように報じられていたのは、何かことがあったら北朝鮮にまずいという日本政府の心配からだったようです。
埼玉スタジアムだったら鹿さんやFC東京のほうがよっぽど危険です。


最期の文は爆笑…言える。
甲子園の巨人ファンみたいなもんですね。
なんか、この2人に取材が集中、と言うよりは、北朝鮮側がこの2人にしか取材させなかった、と読みましたが。
バハレーン戦のチケット当たって、また見に行かれたら教えてくださいね!

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-16 20:08 | sports

St. Valentine's Day


更新を怠っておりました。

2月14日はバレンタインデーでしたねぇ。デパートとかに行けばもっとあったのかもしれないんですが、ASDAではそれほどたくさんのチョコレートを見かけず、日本ほどチョコレートをあげる風習はないのかもしれない、という感想。
(と言うか、日本発祥みたい、この風習は)
ばかばかしい慣習だとは思っていましたが、普段よりたくさんの種類のチョコレートが店頭に並び、目移りせんばかりの品数と食べるのがもったいないくらいの美しさ、きらびやかな包装、見ているだけでも楽しいし、おいしいチョコレートをいただくまたとないチャンスだなーと感じたりして。
まあこっちのチョコレートも十分おいしいですが。

それにしてもこちらでは"Happy Valentine!"と声を掛け合うんですね、"Merry Christmas!"みたいに。
じゃ私は3月17日に"Happy St. Patrick's Day!"と声をかけさせてもらうよ、シャムロックの国のファンとしては。(と言うかその日授業がなければダブリンに行きたいくらいだ…)

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-16 19:48 | 留学