無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 02月 13日 ( 3 )

引退ネタ


再び。

これは…ジダンもレアルとの契約が切れたら引退する、と言っているみたいだけど、2人とも不思議なほどあっさりしてるなぁ…
よっぽど満身創痍で且つプライベートを犠牲にしているんだろうか。

キーノも臀部が痛いとか言ってたこともあったし(確か手術したんじゃなかったかな)あちこちあるみたいですが、マンUでは精神的な支柱である部分も大きいみたいなので(よく知りませんが)、この記事にもあるけどファーガソンが慰留に努めるかもしれないね。
(その前に私はファーガソン自身の体の調子はどうなんだ、と思ってますが。)
もしかしたらアハーンさんまで出てきて慰留するかもしれない、アハーンさんはManUの大ファンらしいし、マッカーシーとキーノが対立しちゃった時も自ら仲裁役を買って出たみたいだし…。

こうなったらいよいよアイルランド代表に頑張ってもらわなければなりませんねー。
ユーロには出られなかったからね、キーノが緑色のユニを着ているのを見る最後のチャンスですよ、彼がキャプテンマークつけてダフとかロビー・キーンを叱り飛ばす(?)ところをぜひ見たい。シャムロックの国の大ファンとしては。

------------

そういえばカール・マローンが引退すると初代ドリームチームのメンバーのうち今も現役なのはクリスチャン・レイトナー1人だけになるそうです。
彼は12年前学生だったそうなので、どおりで一番若いわけですね。

------------

あまり外で飲まないのですが、夕べは日本人の女性の友人と飲みに行って、「飲み行く時のイギリス人女性の格好」について時事放談。(この番組を知っている人は…1960年代生まれかもしれない)
彼女たちはデフォルトでノースリーブ、え?セーターとか着てるあたしたちはダメなの?ってくらいのノースリーブ率、しかもほとんどがキャミ系、友人は「水着」と形容してましたけど、本当に結婚式の二次会みたいな感じ。
いろんな意味で「あんなの着られねー」(腕出したくない、胸があんなに広く開いたのはちょっと無理、寒い、等)ってのを平気で着て、哲学者が言うところの「ハムみたいな女の子」でも平気で腕や腹出して、外は5度とかしかないのに、下手したらミュール履いて生足で、闊歩してますよ。

飲みに行く時にこんなにおしゃれするんだー、ということも驚きだったし、こんな下着みたいな女の子と一緒に飲んでる男性陣は目のやり場に困らないのか(私が困っとったっちゅうねん)、ということも不思議。
ちょっと色っぽい女性がいて困っちゃったら、ハムの女の子を見て中和させているのかもしれない(意味不明)。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-13 14:55 | sports

どしどし更新してすみません


ちょっと面白かったこと2点。

1.何とはなしに世界三大がっかり名所にまつわる掲示板を読んでいたら…
よく言われるマーライオン、人魚姫、小便小僧以外にシドニーのオペラ座だの、ストーンヘンジだの、スフィンクスだの諸説あるということが分かりました。
そこで見つけたこの一言。

「インダス文明の遺跡、ハラッパは本当に原っぱだそうです。」

ふきだしてしまった。…モヘンジョダロとかハラッパーとかやったなーそういえば。

2.友人の哲学者が私を形容した表現がいたく気に入ったので。

「オカナツは竹を割ったような性格だけどその竹が粉々だからな、斬鉄剣だよ。」

五右ヱ門や…かっこええ。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-13 04:23 | 留学

カウントダウン


帰国後東京で住む家が決まった。
今まで住んだことどころか足を運んだことすらない地域だが、両親も気に入っているそうで、楽しみである。
荷物の搬入等も3月に行うそうで、帰国後セトル(この言葉の遣い方がおかしいと言われたが、適当な言葉が思い浮かばん…)するのに時間はかからなさそうだ。

イースターの旅行の予定を立てたり、卒業旅行の話をしたり、帰国後の家が決まったりすると、もうここにいるのも実はそんなに長くはないことがわかる。
一日も早く帰りたいとも、もっとここにとどまっていたいとも思わないが、ここにいる間にここでしかできないことをやろう、たぶん勉強だけに費やせる時間は一生で今が最後だから時間がたくさんある間に読めるだけ本を読もう、ここでしか出会えないような友だちを一人でも多く作ろう、欧州にいる間にお金と時間の許すかぎり旅をしよう、とか色々考えまする。

決して感慨に浸っているわけではなく、むしろコストパフォーマンスの極大化を図っておる感じです。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-13 01:08 | 留学