無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 01月 22日 ( 2 )

Lost in Translation


という映画をご覧になったことがありますか?

「日本の風景がたくさん出てくる」とうわさには聞いたことがあって、今までに2人から「あの映画を見て日本には行きたくないなーと思った。混み過ぎ」と言われたことがあります。(1人はアムステルダムの人、もう1人はベルリンの人)

さて昨晩それを、年末の私の日記によく登場したマジメなフレンチガイのお宅で拝見しました。
彼らは日本語を解さないので、日本語のシーンを通訳してほしかったみたいですが、私もそんなに反射神経も瞬発力も機動力もないので(と言うか英語力だろう)、えっと、えっと、みたいになりながら、何とか説明しました。

映るのは新宿と渋谷ばっかりで、あとはパークハイアットから見下ろす御苑や代々木の辺り、ちょっとだけ銀座、しゃぶしゃぶやカラオケ、懐かしいと言えば懐かしい、けれど私が嫌いだった日本の部分を思い出してしまった。

こっちに来て日本のことすごく美化して考えてしまうようになったけど、日本にもいやなところいっぱいあった。
だからヨーロッパのこと好きになったんだった、っていうこといっぱい思い出した。
例えば…
1.電車の中で漫画を読むサラリーマン
2.パチンコ屋
3.秩序も遠慮もない毒々しいネオンや看板
4.コンビニ

あの映画は誇張はそんなにないと思ったけど(ストレオタイプな、スシ、テンプラ、ゲイシャ、みたいなのはない)日本の美しくないところばかりをよくもまあこれだけ見つけ出してくれたな、と日本人としては少しembarrassed。

この映画を見た、日本にまだ行ったことのない外国人の皆さん。
日本が、東京が忙しくて人が多くて騒がしいのは否定しません。
だけど、あんなにバカなテレビ番組ばかりやっているわけではないし(大半はバカな番組だけど…)、街にあんなチンピラみたいなのばかりがいるわけでもありません。

そうそう、それと、フレンチくんは電話の切り際にいつも「ムシムシ」と言うので、変だな、と思ってたんですが、この映画を見て謎が解けました。
カメラマン役の人(米国人)がふざけて「Moshi Moshi」と言うシーンがあるのですが、別れ際に言っていたのでBye byeの意味だと思っていたらしいです。
1.もしもしはアローの意味であること
2.電話でしか使わないこと
を伝えておきました。

いや、でもさ、アメリカ英語を久しぶりに聞いたよ。「シーユレイラー」みたいな。
フレンチくんもフレンチくんの彼女も"Very Very American..."って何度も言ってたもんね。
いやー日本って米国の影響受けてるんだね~とも言われました。
幸か不幸かそうですわ、学校で習う英語も「シーユーレイラー」だし、地下鉄はサブウェイだわ。

そんなわけで、そのDVDを借りてきましたので、Nottsにいる日本人の方でこの映画を見たい方は、オカナツフラットに集合です。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-22 23:34 | film

2本立て


1本目。
フラットに中国の人が2人いて、そのうちの1人がよく彼氏(英国の違う大学で勉強してる)を連れてくるので、まあ彼とも顔なじみになっちゃって、今日キッチンでイースター休暇の予定は?とか話してたんですが…
「ノース○リアはどう?」
と聞いてきたんです、その彼が。
は?
何で?
しかも聞いたら彼行ったことあるんですってよ、観光で。

冗談じゃない、なんでそんなとこに、知ってるか、日本人が何人も誘拐(拉致って言葉を知らなかったので)されてるんだよ、って言ったら「え?なんで?」だって。
ちょっと待って、日本人の拉致被害者のことって中国で報道されてないの?
もっとひどいのは、北に行くのは韓国に行くのの10倍くらい(お金が)かかるらしいよ、って言ったら(まともに答えた私もバカだけど)、「じゃあ誘拐されればいいじゃん」だって。
知らぬこととは言え、そんなことを言えてしまう彼女たちの感覚…
何をか言はんや。

もう色々書きたいけど、デリケートな話題で怖いので止めておきます。
お察しいただければ幸い。
彼女のせいじゃない、彼女の国の報道のせいだと思いたい、そしてもしそうであるならばその報道の姿勢は大きく間違っていると言いたい。

追記:「誘拐」にKidnapという単語を使ったのですが、「拉致」という意味もあるみたい。

2本目。
昨日のアカウンティング(正式名称はFInancial Reporting)のテストがやばかったのですが(みんな文句言ってるらしいと聞いてちょっと安心はしているが)、今日アサインメントの結果を見てちょっとほっとした。
アサインメントとテストの結果が50:50で反映されるので、まあ昨日のテストで40点くらい取れればとりあえずパス、っちゅう感じ。
って言うか、アカウンティングでフェイルでもしようものなら、将軍さま(お世話になりました!)やレッズさんに顔向けできぬ…
お願いします、マーガレット、40点ください!

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-01-22 09:16 | 留学