無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004年 09月 09日 ( 2 )

サトウのご飯と赤だし


お昼にサトウのご飯と赤だしをいただきました。もちもちつやつやのご飯のおいしいこと。今日はaccommodation officeに怒り爆発って感じでしたが赤だしのおかげで思いとどまれそうです。

最終tutorialで、めでたくpassしていることが分かり安堵。
すごくいいわけでもなく、取り立てて悪いわけでもなく、ぼちぼちって感じでした。オリンピックのときよくTVルームで顔をあわせたマイケルは、結構ギリだったようで、オリンピックがなければ僕たちもっと成績よかったかもね、なんて言ってましたけど、私あなたよりはよかったわよ。

それにしてもオリンピックも見たしサッカーも結構見たし、ブラッドフォードに行ったりロンドンには2回も行っちゃったりして、エッセイなんかかなりやっつけで出しちゃったし、最終テストの前の日はロンドンから帰ってきたのが12時くらいでまったく勉強してないし、でも何とか通っちゃうんだから世の中こんなもんですかね、ってナメちゃいけない。危険危険。
しかしまったくしゃべれるようにも聞けるようにもなってませんが大丈夫かね。

先日はYPRカードを作るに当たって旅行代理店に怒髪天でしたが、本日は冒頭書きましたように寮の管理をしているaccommodation officeに怒り心頭。
私寮の申込みは実に5月の中旬に済ませているんざんす。今日の今日まで契約ができんちゅーのはどういうこと?

accommodation officeはいつ行っても並んでるし、並んでるからといって仕事を急いでやろうとか、窓口の人を増やそうとか、全然考えないので大嫌いですが、明日で今住んでいる寮を出て18日から新しい寮に移らなければいけないのにまだ契約が済んでいないので、さすがにここ最近どうなってるんだ、どうなってるんだってずっと通ってたわけですよ。

月曜日に行ったときは、もう今住んでる寮宛に契約の書類を送ったから待っててね、なんて言ってたけど、まだ来ないので今日再度行ってみたら日本の実家に送ってることが判明。あほか。何度Willoghby Hall(今住んでる寮)に送れって言ったと思ってるんだ。

不思議なのは、あら、インターナショナルアドレスに送っちゃってるわ、今もう一度印刷してあげるから待ってて、なんつって、いかにもやってあげてるわよ風なことことです。日本人の感覚で言わせてもらえば、えーって言うか送り先間違えたのあんたたちでしょー、なんで謝らないわけ?みたいな。

さらに、契約にあたり保証人のサインがいるとか平気で書いてあって、そんなもんどうやって手に入ると思ってんだ、それじゃなくても私明日から旅行に行くってのにさ、「今日これをもらって今日提出するのは無理なので、旅行から帰ってきてからでいいか」って聞いたら、新しい寮に入るまでに提出しないと部屋の保証がない、とか言っちゃって、言ってることとやってることがむちゃくちゃだなーって思わないのかね?

こっちは急いでるのにさー、あまりにもおばさんがちんたらちんたら動いてるので後ろから蹴っ飛ばしたくなりましたが、ここはそういう国なんだから、とぐっと我慢。

まあそんなこんなで母上にも迷惑かけながら何とか契約終了。かなり立腹しておりましたが、やっとの思いでありついた白いご飯とお味噌汁(しかも赤だし←重要)のランチが、私の怒りを静めてくれたのでした。

さて、日本語で思いのたけを発散したところで、もう1つの敵旅行代理店に行ってまいります。
a0016617_18344376.jpg

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-09-09 23:00 | 留学

Leedsに


行ってまいりました。Leedsという街は取り立ててどうということもなかったですが(Leedsの皆さんごめんなさい)、同じクラスにUAEから来ているShorooqという子がいて、Leedsに行くバスの中で隣になったので色々話をしたのが、かなり面白かったです。

彼女は毎日ストール(?正式名称は何と言うんでしょう、あれは?)を頭からかぶって髪の毛を隠しています。その日の洋服に合わせて毎日色々な素材や色で出来たものをかぶっていて、とてもおしゃれだなぁと思いますが(季節に合わせて衣替えもするらしい)、無論宗教に基づいた装いであり、彼女はかなりまじめなムスリムであることが話をしていてもわかります。
同じクラスにヨルダンから来たハンサム君がいることは何度か書いていますが、Shorooqに彼は毎週末飲みに行っているようだよ、と言うとマジで?みたいな顔をしていました。
さらに、別のクラスのサウジから来た男性(仮にアンタッチャブル君にしておきます、以前彼とシカゴの禁酒法時代の話をしたことがあったので)もお酒を飲んだり、カジノに行ったりしてるみたい、と言ったら「ハァ?信じられん」みたいなリアクションでした。 イスラム教では飲酒や賭博はご法度で、サウジはイスラム教国の中でも特に戒律が厳しい国らしいので、そこから来た人が色々やっちゃっていることが彼女には信じられなかったみたいです。(サウジではお酒を売ってすらいないらしい)

へぇーなんつって軽い気持ちで翌日アンタッチャブル君に、ねぇ何であなたはお酒飲んだりカジノ行ったりしてるの、と聞いたら僕はまじめなイスラム教徒じゃないから、それだけ、と言ってましたが、Shorooqにその話をしたら驚いてたよ、と言ったら急に顔色を変えて「何で言ったの、そんなこと!宗教的によくないことだよ、それは」とか言っちゃって、こっちがたまげました。(まあ笑ってはいたけど)
さらに「君の宗教はなんだ」と聞かれたので「あんまりないけど強いて言えば仏教」みたいな感じで答えたら「エー何それ」みたいな反応でした。 私個人的には、お酒飲んだり賭け事したりしてるムスリムの人もいることが分かって、人間らしくてちょっとほっとしていたりもするんですけどね、なかなか人間ってそう自分に厳しくは生きられないよ。(って結論を自分の怠惰さを容認する方向に持って行ってみました)

(注)この話は、宗教の話って難しいけど面白いよね、ということを言うための例として書きました。ハンサム君やアンタッチャブル君が誰なのか特定できる人、彼らにオカナツがこんなことを書いていた、とか報告しないように。

a0016617_1830342.jpg

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-09-09 08:43 | 留学