無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004年 05月 26日 ( 1 )

バレーボールを

昔ほど見なくなって、その間に選手は替わり、私が見ていた頃のスター選手だった川合さんや中垣内さんは解説者になり、米山さんはコーチになり、そうして現役でプレーしていた時代も知っている幹保さんが監督として率いている男子バレーボールの試合を今、見ている。

川合さんや中垣内さんがエースだった頃はバレーボール人気はちょっと異常なほどで、アイドル並みの黄色い声援とフラッシュ、私もその中の一人だったのだけど、試合をすればだいたい満員、雑誌はたくさんあったし、TV中継もたくさんあった。その頃もそれほど強くはなかったが、なぜか人気があった。

でもいつの間にかバレーボールが注目されなくなった。それはサッカーや大リーグやその他のスポーツの隆盛と反比例するかのようだった。

そうして今、メダルどころか出場することすら難しくなってしまったオリンピック。その切符を目指して、12人の若者が戦っている。

彼らのバレーボールは荒い。ミスが多いし、駆け引きもない。洗練されていないし、ずる賢さもない。オリンピックに出たことのない彼らは、それでも未経験の舞台を目指し、懸命に戦っていた。

きっとこの状態でよしんばオリンピックに出られたとしても、ろくな戦いはできないだろう。世界との差は大きい。だけど今この目の前で戦っている彼らにその切符を取らせてやりたかった。

人気のある時代を知らず、従ってそれほど騒がれることもなかった彼らは、それでもバレーボールというスポーツが好きだからただひたむきだ。そしてひたむきな彼らを、私は美しいと思った。

杉山マルコス。背も高くないし、言葉もたどたどしい。おそらくコミュニケーションをとるのにも苦労したことだろう。ブラジルにいた頃、ジュニア、ユースを通じてナショナルチームに選ばれたこともなかった彼が今、日の丸を胸につけ戦っている。

彼はコートの中で何度も十字を切る。おそらく己の未熟さを呪いながら、悔しいと思いながら、何とかしてくださいとマリア様に祈るのだろう。失敗したとき彼は天を仰ぎ、そして吼える。

吼える。

ふがいない自分に腹を立てているんだろう。そうして次は決めてやる、と鼓舞しているんだろう。私の人生、あんなふうに自分を叱咤したことあっただろうか。

どうか彼らに、荒いけど美しい彼らに、アテネへの切符を取らせてやってはくれないだろうか。彼らのゲーム運びがつたないのはわかるけれど。ツメが甘いってこともわかってるけれど。

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-05-26 21:57 | sports