無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


突然ですが、


8月4日の日記でヘンリク・ラーションの移籍をヨルダン人のハンサムくんから聞いたと書きましたが、実は日本人の優秀な男前くんから聞いたんだと訂正させてください。
確かにその話をしていたときにハンサムくんもいたのですが、これはヨルダン人から聞いたことにしたほうが日記的に面白いから、ということでは決してなく、ハンサムくんはすでに私の日記に登場していたので、説明する手間が省けるなー、という私のLazyさから来たものです。
事実を曲げて書いてしまってすみません。
男前くんからはさらに昨日稲本の移籍についても教えていただきました。
稲本よかったね、ロンドンからは離れなくちゃならないけど…。

Young Persons Railcardというカードをゲットすると鉄道に安く乗れるので(学割みたいなものですが、割引率は学割より高く、学割は都度都度アプライしなければならないのに対し、YPRは一度カードをゲットしてしまえば、期限内はいちいち申し込む必要がない)今日その申込みに行きましたが、私の持っている学生証(語学学校用の期間限定のもの)では、私がFull-timeの学生でこの先6ヶ月以上ここに住む、ということが証明できないからダメだと言われました。

実はYRPの申込みに当たってはその条件があることを知っていてあえて行ったのですが、何が腹立つかって、その同じ学生証しか持っていない友人がYPRを作れたと言うからあわてて行ったのに、この条件が読めないのか、目に入らぬか、アホか、ぐらいの勢いで断られたことです。
「じゃあ何で友達は作れたんだ、今日作ったと言っていたぞ」、とごねてみましたが、「それはたぶんミステイクだ」と言われダメでした。そんなん知るかー。

私に最終的に「NO!」と言ったのはちょっと上のポジションにいるであろうおばちゃんでしたが、さらに腹立つのは、最初に直接担当したアジア系のバイトっぽい子は、カードを作れた友人を担当した人とたぶん同じ、ということです。
「ミステイクしたのはお前だろう、知ってるんだぞ」、ぐらいのこと言ってやろうかと思いましたが、やめておきました。
最後に、「すべての人に同じルールで処理しろよ」とかなり激怒口調で出て行きましたが、この旅行代理店には絶対に何も申し込まないぞー、信用ならん(怒)。

それで、実は「Full-timeの学生である」ということを証明するために、私の進学するマスターコースのスタッフから一筆もらえばYPRが作れるとわかったので、怒りながらもダメモトでビジネススクール(9月からの私の進学先)に向かったわけです、バスで。

ここで少し説明させていただくと、ビジネススクールはキャンパスが少し離れた所にあって、2つのキャンパスの間を定期的に無料バスが運行されているのですが、今はバケーションシーズンなので30分に1本しかなくて実は結構不便です。

まあ何をしても不便だし、やることなすこといちいち遅い国なので期待はしてなかったのですが、やはり「そのようなレターは書けない」」と断られました…。
でもまあ今回の理由はリーズナブルで、マスターコースが始まる際に正式にレジストレーションをしなければならないのですが、それまではそういうことはできないんだそうだ。

まあそんなもんだろう、思い通りに行けばラッキーぐらいに思っていないと生きていかれないわ、この国では。

とにかく色々がっかりする一日でした、何が一番がっかりしたかってレターを書いてくれと頼んだビジネススクールのスタッフがしゃべる英語が全然聞き取れなかったことです。
おいおい、今日でほぼ語学学校のコースは修了だと言うのに(あとは来週のテストとプレゼンを残すのみ)、この程度かよ、おいらのヒアリング?6週間なんだったの?みたいな。ああー。
a0016617_18361137.jpg

[PR]
by mugeitaishoku | 2004-09-04 02:17 | 留学
<< しつこいようですが セコンドハンド >>