無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


フランス人とイギリス人


先日フレンチくんがいきなり、

「オカナツ、日本人はフランス人が嫌いなんだね」

と言うので、「え、なんでなんで?」と聞くと、どうも石原シンノスケがフランス語は数が数えられないので国際語として云々、という記事を読んだらしい。

「ああ、あれは石原シンゴと言う人がよくそういう問題発言をするのであって、みんながそういうふうにかんがえているわけじゃないよ」と言っておきました。

「石原シンノシンはいつも中国とか韓国を刺激するようなことばかり言うので、その都度それが波紋を呼ぶんだ」ってことも付け加えました。

するとフレンチくん、「ああ、南京の大虐殺がなかったとか言ってるんでしょう?」だって。
よく知ってるよ。

石原さんは正論を言ってることも結構あると思うけど、言わなくていいことを公の場で言い過ぎることと、何よりその発言がどれほどの影響を与えるか、すべて分かって言ってることがかわいげがない。
森前総理みたく、「無党派層は寝てればいい」とか、「神の国」とか、考えなしに言っちゃったウッカリ発言とはちょっと違う。

それにしてもフランス語ってほんと70以上がないの!私知らなかったんですが、
70=60+10
80=4×20
90=4×20+10
94=4×20+14
って表現するらしいですよ。

これはそういう表現がないだけであって、数が数えられないわけでもなければ、国際語として失格であることを意味するわけでもないと思いますが(って言うか石原シンエモンはなんと言ったのかな?)、フランス語を外国語として学ぶ我々にとって恐ろしく複雑であることは疑いようがない。

-----------------------------------------

寮の建物の中でよく顔を合わせるおじさんイギリス人がいてすごく愛想がよくて、別に友達でもないけど会うといつもにっこりと「元気?」と言ってくれるので、そういうところがイギリスの好きなところだが、この人は寮の管理人さん(のうちの1人)なんだろう、と勝手に思っていた。

理由は、
1.おじさんで学生には見えないから。
2.イギリス人(のみならずEU圏内から来た人)は基本的には学生寮には住めないことになっているから

先日City Centreに行こうとバスを待っていたときこのおじさんイギリス人が現れ、いつものように「「元気?」とか挨拶をしたあと、「卒論はどう?」なんて聞いてくるので道路に突き飛ばしてやろうかと思った。

と言うのはウソですが、向こうが色々聞いてきてくれるのにこっちから何も話しかけないのは悪いし、でもこの人のことがよく分からないので、恐る恐るおいらは聞いた。
「あの、私たち寮でよく顔を合わせますけど…あなたは寮に住んでるの?」

そしたら「そうだよ」だって。聞けば学生で、ロシア語とフランス語を勉強してたらしい。

学生だったんだ~!てっきりどこかのお風呂が壊れたとかパイプが水漏れしてる、とかそんなんのたびに呼び出されてるんだと思ってました!ごめんちゃい。(って本人にはもちろん言ってませんが)

で、彼が続けて言いました。
「もう卒論は終わったんだけどねー」
…やはり道路に突き飛ばしてやればよかったか…。

で、バスに乗ってる間も話をしたら、どうやら弁護士?の資格を持ってるらしく、そういう仕事をしてたみたいで、そっち関係でまた仕事を探してるらしい。
いや、全然インテリゲンチャだったわ。
この国でブルーカラーの人と知識階級の人を一緒くたにしてはいけない気がするので、ほんとすみません、と脳内で謝っておいた。

でもさ、今やってることと関係なくない?って聞いたら、
「うん、全然関係ない。ただ自分の言語の能力をimproveしたかったんだ」
だって。

いやーおじさんの向上心は素晴らしいよ。
私なんかもう二度と勉強するもんか、って思ってるのに。
なぜイギリス人のおじさんが寮に住んでるのか謎ですが、卒業間際のここへ来て面白い人に会ってしまった。

関係ないが、サンクト・ペテルブルクは素晴らしい街だと言ってました。
いつか行きたいよー、エルミタージュゥゥ~

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-08-02 02:40 | 留学
<< 織田裕二の夏 ダメダメな週末 >>