無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


恋は盲目


相変わらずだらだらとやってるわけなんですが。

ある友人から彼女のへヴィーな恋愛の話を聞いた。

こちらで言語も国籍も宗教も違う男性に恋してしまった彼女は、それでも彼のことが好きで彼の故郷に行くことも、改宗することも覚悟で、それくらいの強い気持ちで彼を想っていた。
彼の故郷は、1日1度はテロ等の事件についての記事を新聞で目にするんじゃないかというほどの治安のよくないところであるのにもかかわらず。

彼女が何度もアプローチを続け、彼の態度も軟化してきたので、風向きが変わった、彼女の想いは通じた、と思っていた。

しかし男女の関係になった(このときが初めてではなかったらしいけど)次の日から彼と連絡が取れなくなった。
1ヶ月ほど経ってやっと連絡が取れたとき彼は言った。

「僕はロンドンに住む同胞の女性と結婚するだろう。」

私の友人は自分からプロポーズする気でいた。
連絡が取れない間も、「忙しいんだろう」なんて自分を納得させながら、プロポーズのこと、親にどう紹介するか、なんてことを考えていた。

そんなことを彼から聞かされてしまった彼女はあわてて、
「私はあなたと結婚したいと思っていたのに」
と打ち明けた。

彼のほうこそ寝耳に水で、驚いていたらしい。

彼女は今彼からの回答を待っている。

私は彼のことを知らないし、彼女からしか話を聞いていないので、どうしても彼女よりの見方になってしまうけど、はっきり言ってこの男はだめだと思う。
下世話な言葉で言わせてもらえば
「セフレが欲しかっただけじゃん」
「ヤリ捨てじゃん」
ってところだ。(ほんと、えげつない言葉ですみません)

この彼は誠実な人ではないと思うので、私は彼からのレスポンスは何もないと思う。
私自身の気持ちとしては、なくていいと思う。
それくらいのこと平気でできる人だと思うし、最後までそんな態度をとってくれれば(返事をしないなんていう失礼なことをしてくれれば)彼女も彼が嫌いになれると思うから。
だけど、彼女がそれでは納得できないこともわかる。

私は、だとすれば彼がNo(プロポーズは受けない)と言ってくれたらいいのに、と思う。
そうすれば彼女も前を向けるでしょう?新しい恋に進むことができるでしょう?
だけど、彼の不誠実さから言って、また変に「君と結婚してもいい」、なんて思わせぶりなことを言い出しかねないんじゃないか、とも思っている。

「ねえあなたは、もし彼がそう言ったら、彼を信じることができるの?今までこれだけひどい目に遭っているのに?」
「…分からない…」

「あなたはどんな答えが欲しいの?」
「…それはずっと好きだったから…やっぱり…」

きっと彼女も彼とは一緒にならないほうがいいってことは分かってるに違いないんだ。
彼が誠実ではないことも、彼女が彼を想っているほどの強さでは彼は彼女のことを想ってはいないことも、きっと感じてるに違いないんだ。

だけど恋は盲目だし、("Love is blind")今まで優しくされたこと、楽しかったこともたくさんあって、そんなに簡単に彼のこと思い切れないんだろう。

恋愛ってそうなんだよな。
あるべき論が通用しない世界だ、と私も思ってる。

私は「彼のことはあきらめな」、なんてことは一言も言ってません。
だけど、彼女には幸せな恋愛をしてほしいし、親御さんから祝福される結婚をしてほしい。
これは彼女に限らず世の中の人みんなに言えることだけど。

…うわー、恋愛ネタなんて書いたのはじめてかも?

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-07-29 04:59 | 留学
<< Liverpool 今日の天気 >>