無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


本日は


Dominicとデート、もとい、Discussion about my dissertationでした。
部屋に入った途端に握手されてしまっておいらはもうドキドキさ!今日は手が洗えないわ!(中学生か)
それにしても本当にDominicって何言ってるかよく分からん、なんであんなYeah, Yeahっていう喋り方なんだろう?(分かります?)
適当に相槌打って1時間半が過ぎた。(いいのかそれで!!!)

いいんです!(カビラジェイ風)目の保養に行ったのですから!!!!

でも結構色々発見があって面白かったよ、やっぱりこっちのこと分かってる人に聞くのは早いわ。
自分でこのことについて調べたい、という漠然としたテーマはあるんだけど、それをどこまで広げれば、どこまで深くやれば20,000Wordsというボリュームになるのかが分からなくて(だって今まで書いたことあるの最高3,000Wordsなんだもん…)もう少し絞り込んだ方がいいね、と言われました。
じゃあ絞り込んだらまた質問させてね(はぁと)
って言うかマジで別れ際「…また何かあったら質問していいですか?」と1オクターブ上の声で言っていた。
おお今日は、この無芸大食ブログ始まって以来と言ってもいいほどの乙女チックなブログじゃないか!
我ながら書いていてこっぱずかしい!
(昨日のブログがオヤジだ、という指摘を受けましたので、今日は払拭すべく頑張ってみました)

業務連絡:GMちゃま
カメラ持ってったんだけどねー(←持っていってるよ、この人!)、彼の研究室(?)で2人で話してたもんだから撮ってって誰にも頼めなかったさ…
ってか誰かいてもおいら頼めなかったような気もする…
でも少なくとも卒論終わった時にはもう一度お礼を言うつもりなので、その時は勇気を出して初めての告白だ!(古…)

-----------------------------

さてDominicとの日英首脳会談が終わったあと、resource roomで卒論の調べものをしていた私をダニエルが呼ぶ。
「オカナツちょっとこの文章読んでみてくんない?」

ダニエルは…あれ?どこだっけ、どっか南米出身の人で(ごめん、ダニエル…)このブログによく登場するフレンチくんと、あともう1人中国人の男の子チャーリーと3人でグループプロジェクトをやっているのでほぼ毎日resource roomにいるみたい。
しかし彼らの学部の人はみんなプロジェクトを抱えているはずなのに、いつも彼らしか見ないってぇのはどういうこった。(まあどっか別の場所でやっているんでしょうが)

さてそれで、私に読んで、って言ったのはそのプロジェクトのプレゼンで使う資料のたった1センテンス。
これが分かりやすいか分かりにくいかでダニエルとフレンチくんが揉めて、第三者に判断してもらおう、ということになったらしい。

いやね、たった1文でそこまでこだわりますか!
私なんか英語の力がそこまでないから、ほぼおまかせだよ。(ダメじゃん)
彼らが毎日学校で忙しそうなのは、このように微に入り細を穿つようなことをしているからであった…
見習わねば、いや、でも見習ったら過労死しそう…

ダニエルとフレンチくんはラテン系だからか結構感情がガッと出るみたいで(別にけんかしてたわけじゃないけど)、それをチャーリーがまぁまぁとなだめているのがおかしかった。

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-05-31 03:59 | 留学
<< 行き場を失った また久しぶりに >>