無芸大食晴れ女オカナツの英国留学備忘録です。(2005.9帰国)
by mugeitaishoku
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無芸大食晴れ女
無芸大食女オカナツが英国の大学院留学中に(2004.7~2005.9)記していた留学備忘録です。

現在は新しいブログを書いています。こちら

HPはこちらです。

メールはこちら
miffy_7947@yahoo.co.jp
@を半角にしてください。

ブログ王ランキング
BS blog Ranking
最新のトラックバック
靖国問題を考える2
from Johnny style!
ドラフト
from 【ドラフト】とは
スカイプとかって、、
from アクアタイム
ジダン復帰
from おフランスざんす
テロ:次はどこ?予想
from おフランスざんす
テロはもう止められない
from おフランスざんす
ロンドン地下鉄内射殺はテ..
from 社長の本音日記
バレーボール(Keywo..
from キーワードサーチ
ブラジルとドロー、予選突..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる
コンフェデ敗退・・・
from brioso blog
カテゴリ
全体
留学
concert/musik
theatre
travel
sports
news
food
お笑い
仕事
books
film
history
以前の記事
2006年 01月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プチ鬱


金曜日の午後、なんとなく落ち込んでいたので土曜日に恩人氏とチャット。
ああ、私のことをよく知っている人と話ができるって、そして何より日本語でまくし立てられるってなんと素晴らしいのか。
別にこれと言って落ち込む理由があったわけではないですけど、そういう時もまああるってことで。
(まあでも今回は回線があまりよくなくてまくし立てる、というほど喋ってませんけど…)

今回のテーマは、まあ色々話したけど、「1.アカデミックと現場とのバランス」と「2.金融機関のシステムに対する意識の低さ」がメインだったかな。
1.私自身は学んだ知識を仕事に活かそうなんておこがましいことは露ほどにも思っちゃいないんですが、アカデミックなバックグラウンドが少しでもできたことはありがたいなぁ、とは思っています。
2.これは面白かった。恩人氏は、金融機関の人とシステム関係の仕事をしている人たちでは、システムやITに対しての取り組み方が違うことを痛切に感じたと言ってました。
まあ後者の人はそれがメインの仕事なので当たり前といえば当たり前なんですが、それにしても金融機関のインフラにシステムは欠かせないはずなのに、なぜその部分はシステム関係部署の人間に丸投げなのか、と言うのが疑問で疑問で、なんてITリテラシーの低い、と言うよりもシステムコンシャスじゃない人間がこんなにも戦略に携わる部署にいるんでしょうね、と腹立たしく思ったことはあるよね。(まあそれほど私も詳しいわけではないけど)

私自身は、システムの開発や設計って非常にロジカルで、Vagueな部分があまりない(ように見受けられる)だけに非常に面白いのではないかと思っているのです。
私はシステム屋でもないしプログラムも書けませんけど(COBOLとかC++とかやってる友人もいました…話についていけなかったわ)、システムの設計にロジックを追及する気持ちは持っていたいなぁ。
それに、こういうロジックは法令を読むときも結構重要だったなぁ、と思ったりします…。

う~ん、なんかだんだん思い出してきたぞ、自分が何やってたか。
もう当局のHPも官報も読まなくなってしまって、脳みその中ににひじきが生えるような経験をすることも無くなってしまったけれど、こうやってリハビリをしていかないと、復帰できなさそうで怖い…

[PR]
by mugeitaishoku | 2005-02-27 18:28 | 仕事
<< 今知ったが もろもろその8 >>